浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

石垣島シャーマンワーク3「石垣島の龍宮」

7/6〜13まで、八重山(石垣島)に行っておりました
6日間の石垣島滞在で【33カ所】の聖地を祈り巡った、もの凄い宇宙神事でした
その体験をブログで綴っていきたいと思います

2日目は石垣島の歴史上の英雄達(人格神)を祀る場所に挨拶回りをしたので
3日目は自然神の場所を祈り巡る事にしました

何ごとにも摂理があります

大きな摂理で言うと宇宙があり→地球があり→自然があり→神々(人格神)があり→人間社会があるわけですから
人間社会(現実)を変えるには、その元となっている人格神に祈り力を貸していただく必要がありますし、
人格神に喜んでいただき、人格神のパワーをUPさせる為には、その土地(自然)に祈り、自然界の力を動かせなければなりませんし、
その自然界の力を動かすには、宇宙神との繋がりが必要です

石垣島3日目、自然神祈りの最初の場所は
石垣島を代表する龍宮の聖地に行きました
2015-07-09 19.39.55zzz.jpg

2015-07-09 19.zz.jpg

2015-07-09 19.39.0xx.jpg
ここはとても素晴らしく
鍾乳洞を通って出口を出ると海に繋がります
僕らは海に入り、輪になって手を繋ぎ、太陽の光を浴びて
人と人、人と太陽、人と海のエネルギーをブレンドするワークをしました

それはまさに、生まれた赤子が産湯に浸かりながら
父(太陽)と母(海)に抱かれる儀式であり
我々全員が何とも表現の出来ない安心感に包まれました
僕らはあまりの気持ちよさに時を忘れ、ここで数時間過ごしました

沖縄地方にはどこにも『龍宮信仰』があります
浦島太郎の竜宮城の話と同じ様に、海底の奥深くに理想郷がある、という事です
その話の元を辿れば失われたムー大陸まで行き着きますし

龍宮=母なる地球のお宮=女性の子宮

の事なのです

だから龍宮に繋がる=自らの女性性の深い部分と繋がる
事になります
沖縄地方の祈りは女性が先頭に立って行うのはそのためです

今までの男性性の時代のサイクルから
女性性の時代のサイクルに入っているいま
『龍宮に繋がる事』はとても大切な事なのです(特に女性は)

次に向かったのは石垣島最北端の平久保崎
2015-07-09 19.39.50ss.jpg
この最北端の島に宇宙からの光の柱を立てました

次に観光客がみな目指す美しい場所、川平湾に行きました

今年の一月に夢の中で
『石垣島に祈りに来て下さい』
と言われたので、僕は
『何をすれば良いのですか?』
と聞いたところ
『色々ある。今はまだはっきりと言えない』
と言われたので
『それじゃ困ります』
と食い下がったところ
『一つは龍宮の道。石垣島の龍宮を開いて欲しい』
と言われ、その一番大切な場所は川平湾だと教えられました
2015-07-08 1.jpg
この写真、実はかなりレアなんです
普通、川平湾のこのアングルの写真には必ずボートが映っているようですが
この日は台風を避難する為にボートが移動されていたのです
その模様は当日のyahooのニュースに載っていました

今のような観光地になる前の、古き良き川平湾を見たのは
これはまさに今日の龍宮祈りの為の計らいだと感じました
逆に言えば、それだけ大切な祈りである、という事です

さて、どこでどう祈るのかな??
と思い散策していると『観音堂』がありました
11755259_1647357995504879_15065360208235186_n.jpg
入り口に立つと
『こちらです』
と声が聞こえ導かれました

こちらにおわします『弁財天様』がこの川平湾の大切な鍵を持っており
『これでよろしくお願いします』
と言葉少なでしたが、鍵(3つの玉)を渡され
この場所でやるべき事を指示してくれました

そしてその後に、一つの宿題を出されました
それは
『「カビラ」という名の意味を知りなさい』
というもので
その時にインドの神々が沢山いるビジョンが見えました
もしかするとこの場所にはインドからの人々が渡来したのかもしれません

今年は11月にインドにシャーマンワークに行きますから
そこにも繋がっているのだと思いますし
どちらにしてもこの「川平湾」と言う場所は
龍宮との繋がりや宇宙にも繋がる
とてつもなく大切な場所である事がわかりました

石垣島の中でも、この川平という場所は
土地の方々によって聖地が強く護られているその理由もなんとなくわかりました

鍵をいただいて然るべき場所に移動して祈りをすると
鍵であるその玉はドンブラドンブラと流れ龍宮の深い場所に吸い込まれて行き
深〜い場所で光が広がって行くのが見えました
まるで3つの玉という精子を地球が受精したような感覚でした

祈りが終わり丘に上がると海の上に大きな虹が出現しました
2015-07-09 19.40..jpg
そして東京にいるシャーマンワークに参加した仲間から
メールでメッセージが届きました

『門は開かれたって声がしました!』

石垣島の龍宮の祈り
ミッションコンプリートです!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

石垣島シャーマンワーク2「命の使い方」

7/6〜13まで、八重山(石垣島)に行っておりました

6日間の石垣島滞在で【33カ所】の聖地を祈り巡った、もの凄い宇宙神事でした
その体験をブログで綴っていきたいと思います

『琉球(沖縄本島)、宮古島、八重山(石垣島)の和合』
が今回の祈りの目的の一つであった私たちは、その歴史を調べました

パワースポットブームの今、気軽に聖地を巡っている人がいますが
よそ様の場所に行く時に、その場所の神様の事や、歴史を知っておく事は最低限の礼儀です
その事をわかっているか、わかっていないか、で神様の対応も全く違いますよ

石垣(八重山)、宮古、琉球(沖縄)の歴史で
まず最初に出てくる話は
オヤケアカハチの乱
です

波照間島で生まれた豪族・オヤケアカハチは圧力をかけてくる琉球政府に抵抗をしていましたが
最終的に宮古と琉球の連合軍に討ち取られました
石垣島には未だにその無念の思いが残っているのです

繰り返される歴史を『カルマ』とも呼びますが
現在でも、何となく石垣島と宮古島の関係が相見えないのはそう言ったカルマが関係しています

僕は神事を沖縄、宮古島から始めて来ましたし
宮古、沖縄の両島にとても縁が深いので
石垣島から見れば、ぶっちゃけて
『敵方』
と言う事になります

なのでまずは石垣島を代表する人格神のウタキ『美崎御嶽』に挨拶に行きました
500_21933012.jpg
僕が
『琉球の、そして宮古の代表として過去にした事をお詫びします。
人々の心が荒んできている今だからこそ、
琉球、八重山、宮古が三位一体となり、その精神文化を伝えていくことが世界に必要です
どうか過去の事は水に流し、お力をお貸しくださいませ』


と伝えると

『あなた達が和合を求めるならば、まずは我々の思いを知って欲しい。歴史も知って欲しい。あなた達がどのような行動をとるか、見させていただきましょう』

と言われました

当たり前ではありますが、しょっぱなからとても厳しく、カラスにも威嚇されるほどでした。
我々は、今回の神事が一筋縄では行かない事を痛感し、改めて襟を正しました

その後、幾つかのウタキに挨拶巡りをしましたがどこも厳しく
沢山の存在に常に見られている緊張感でただただ『お詫び』をしてまわりました

200px-Ishigaki_oohama_oyakeakahachi2.jpg
オヤケアハカチさまの石碑の前にも行きました
彼はこちらの言葉を受け入れも否定もせず、ただ黙っていました

状況が変わったのは
『大津波の慰霊碑』
に行ってからでした
1245-02_l.jpg
この慰霊碑がある場所はどう見積もっても海から50メートル以上の高さにあり
ここまで流されて来た巨大な珊瑚石を見ると、
その津波の大きさに恐ろしくなります

1771年に起こった明和の大津波は
津波の高さが80メートル以上、住民の3分の1が亡くなったとも言われています

それまでどこの神様の場所にいても厳しくあしらわれていた我々は
『我々に何が出来るんだろう?』
と少々気弱になっていました

せめてもの出来る事として、津波で亡くなった方々の御魂上げをする事にしました

一度目に祈りをすると、結構な数の御魂が上がっていきました
しかし、まだその場所に残っている存在もいます
その存在達はこう言っていました
『自分の事では無く、生き残っている家族や子孫達が気になり残っているのだ。』

僕はこう伝えました
『それも自由な選択であり尊重します。一つ申し上げてよいでしょうか。本来、天に昇れば全ては一つで繋がっているものです。離れてしまうという思いは人間の世界での事だけなのです。だから上まで戻ればその葛藤からも解放されましょう。私の光で天に昇り、輪廻の輪に戻って下さいませ。』

その後の二度目の祈りでまた沢山の存在が天に昇って行きました
それが終わると僕自身の状態が
今までの厳しい圧力から解放され、嬉しく涙が出そうな気持ちになりました

『ありがとう』
一緒に祈った人達はそう聴こえたと言っていました

去る間際、その場所の存在の声が聞こえてきました
『私たちからすれば、生きている事自体が奇蹟のようなものです。どうか大切に生きて下さい。』

この言葉は全員にとても響きました
人は、無くしてから初めて気付くと言う事があります

いま、この時代に裕福な日本人として生まれて来ている事
それ自体が奇蹟のようなものではないでしょうか?
目先の事や小さな視点ではなく
人類や地球の未来により良い環境を残す為に生きる

そこにいた僕らは、その思いがより強くなりました
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

石垣島シャーマンワーク1「沖縄の御嶽の護り人」

7/6〜13まで、八重山(石垣島)に行っておりました

6日間の石垣島滞在で【33カ所】の聖地を祈り巡った、もの凄い宇宙神事でした
今日から何回かに分けてその体験をブログで綴っていきたいと思います

今回、出発前から【3】という数字を何度も見させられていました
まず、先週に発生した3つの台風にはじまり
ニュースや、電車に乗る人のTシャツのデザイン、
あげくの果てには沖縄のキャラクターまで・・

11694242_638748482926926_1507561039_n.jpg
ほとんどの人はそう言う事を「たまたま」とか「偶然」だと捉えて、
せっかく天が送って来てくれているメッセージを見逃しています

しかし感覚が敏感になってくると
この人生に「たまたま」「偶然」など存在しないことに気付くでしょう
ありとあらゆるとこで天はメッセージを送ってくれているのです

7/6は沖縄本島での祈りをしました
まず首里の園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)で今回のご神事のご挨拶をします
2015-02-21 18.34.59.jpg
沖縄での全ての神ごとはここから始まります
ここは、いまでも琉球番として見えない世界を取り仕切っていて
この場所に筋通しをしなければ、祈りは通らないようになっているからです

しかしきちんとした『大義名分』がない人はこの場所に上がる事は許されません
一般の観光客や、興味本意のスピリチュアルな方々は決して上に上がらないようにして下さいね

ここではっきりと今回の石垣島神事の目的の一つと『3』の意味がわかりました
祈りをすると琉球王国の方々が現れて、
我々に正式な琉球の着物を着せてくれました
そして、石垣の各所に必要な琉球王朝の書状を渡されました

目的は
①琉球(沖縄本島)
②宮古島
③八重山(石垣島)
・・の和合

でした

そしてもう一つは3つの大切な山で祈り、宇宙に繋がる門を開くことでした
その一つである『弁が岳』に行き祈りました
2015-07-14 19.21.06.jpg
王様がいた首里城よりもこの場所のほうが高い場所にあると言う事は、
人が入る事を許されない大切な聖地であるということがわかります
鳳凰と女神のようなこの場所の神様は、喜んで我々の祈りに力を貸してくれる事になりました

次に今年の1月に訪れた「クマヤーガマ」に行きました
2015-07-06 13.20.16xx.jpg
ここは伊平屋島にあるクマヤ洞窟とエネルギー的に繋がっているのですが
入り口の門には鍵がかかっており、土地の方に大切に護られています

ですので1月に訪れた時には門の外から祈りをしました
そのときに神様から
『次は中に入って祈り、龍宮の門を開けてくれ!』
と言われたのです
さらに
『この場所を守る者達と連携して、祈りを進めていってくれ!』
とも言われました

僕は普段は神奈川にすむ『よそ者』ですから
そんな大それた事は出来ません
なので隣で祈っていた荒川さん(写真)を指名して神様に
『今後、沖縄の祈りの事はこの男が進めて行きます』
と言ってしまいました(笑)

神様に約束した事は何があっても破れませんから
荒川さんは最初
『それはムチャぶりですよ〜!』
と言っていましたが、彼は有言実行の男

今回、車での土地の方と話をして祈りの許可をいただき
扉をひらく鍵までもいただいていたおかげで
大切な龍宮開き、伊平屋島との繫がりをつくる祈りをする事も出来たのです

さらに荒川さんは『米軍基地』への入所許可も申請して
基地の中にある大切な拝所(ウタキ)でも祈る事が出来る様に手配してくれていました
沖縄のいくつかの大切な聖地はいまだに基地の中にあります
11119814_638748529593588_1166726192_nzz.jpg
2015-07-06 14.37.27xx.jpg

『自然を尊ぶ事』と『ご先祖を尊ぶ事』が一つになっている
沖縄の精神文化は『御嶽(うたき)』という場所に残っています

それは昔から土地の方々に大切に護られてきましたが
時代とともにその知恵や知識を伝える方も少なくなり
きちんとした祈りをする人も少なくなっています

『祈り』とは宗教でも何でも無く
人は「生きている」のではなく「生かされている」事を認識する行為です

自分よりも何か大きな存在との繋がりを感じる事によって
心が豊かになり、感謝と謙虚の心を取り戻し
生きるための知恵をいただく事によって、人生が豊かになります

太古より語り継がれ、
護られて来たその沖縄の精神文化を伝えてゆこう

そのような思いで有言実行している荒川さんは
沖縄の神々に愛されています
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

6/30大祓えに意識する事

今日は6月30日、大祓の日です
神道では一年の半分が終わり、新しいターニングポイントの日です

神社に行けば茅の輪くぐりなどやっていますから
自分の土地神さまにご挨拶しましょう

ここ数日
とても気分が重くなったり
眠くなったり
色々な負の感情が出て来ている人も多いと思います

新しいステージに行くために古いエネルギーを手放さなければいけないからです

xxsryy.jpg
陰陽でいえば
陰極まって陽
陽極まって陰
・・と言う様に
今日を堺にエネルギーの流れが徐々に変わって行きます
運気などの流れも変わってくると思います

エネルギーや感情が重くてどうしようも無い人は
道反の大神(ちがえしのおおかみ)さま
に助けてもらうと良いと思います

その際には「道反の大神(ちがえしのおおかみ)」さまの名前を呼び

「私は、私自身の魂が望む方に進みます
その為に必要の無い、過去の思い、囚われ、執着から解放され自由になります
どうかその事をお手伝いください」


と唱えましょう

あと変容を助けてくれるパワーストーンで言えば
「モルダバイト」
です
20100415154613.jpg

この石は「暗転運」というエネルギーを持っています
陰が陽に、
陽が陰に、
クルンとひっくり返す力を持っています
まさにちょうど、これからのエネルギーの流れに転換させてくれるのです

僕自身も今朝
モルダバイトをもって祈りをしていたら
本当にぐるんとエネルギーが
上が下に下が上に
+と−が
北と南が反転したのを感じました

モルダバイトはもともと宇宙から落ちて来た小惑星の隕石です
あらゆる2極のものを反転させる力がある星からきたのかもしれないな〜
・・と感じました

【2015年春・夏シャーマンワーク】開催日程

下記以外の日程も随時開催します.お気軽にお問い合わせ下さい
詳細はこちらのホームページにて
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<<シャーマンワーク・ビギナー(1日)>>
『自然やパワースポットで心身の浄化を体感し、本来の自分自身の状態にリセットします。』
○6月27日(土)
○7月18日(土)
○8月22日(土)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<<シャーマンワーク・ベーシック(2日)>>
『心身の浄化とリセットをしたあとに、テーマ別のワークや、感受性をUPさせるワークをします。圧倒的に大きなエネルギーのパワースポットでワークを行い、右脳に直接刺激を与える事で自分自身の深い部分を知る事になります。』

【7月25日.26日(土・日)】
一歩を踏み出す勇気(決断のワーク)

【8月29日.30日(土・日)】
男女のエネルギー統合(婚活ワーク?)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<<シャーマンワーク・アドバンス「魂覚醒の旅」>>
浅野重人が過去に訪れた中でも特別な聖地でワークをします。
あなたの中身を細胞から変化させますので、必ず人生観が変わります。
★魂・覚醒の旅 in 出雲 6月19日〜21日
★魂・覚醒の旅 in 石垣島 7月10日〜12日
★魂・覚醒の旅 in 北海道 9月4日〜6日
★魂・覚醒の旅 in 宮古島 10月16〜19日
★魂・覚醒の旅 in インド 11月2日〜9日
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
詳細はこちらのホームページにて
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ツタンカーメンの髭

久々のブログ更新です

6月16日の「大磯元がえりの祈り」を終え
出雲のシャーマンワークで6月22日の夏至を迎え
今は6月30日の大祓えに向けて色々なものを手放す作業が続いています

2015年は本当に新しいステージの始まりなのだなあ〜、、と実感しています
新しいステージに行くためにも、今までのものを全て棚卸ししなければいけないみたいですね
ここからまたコツコツとやっていきますよ

今日はYahooで面白いニュースを見ました
ツタンカーメンのあごひげ外れる

ぱっと見、笑い話ですが、これは完全にメッセージですね
Unknown-1.jpeg
ツタンカーメンにはエジプトに行った時のストーリーがあり、もの凄い思い入れがあります
詳しくはエジプト紀行をご覧下さい

さて、ツタンカーメンにはなぜ「あご髭」があるのでしょうか?

人間は皆エネルギー体であり、体中からビームを発しています
特に聖人と言われる方々はこのビームが強く
昔の聖人の肖像画やイコンなどには決まってこのビームが描かれています
Jesus-Christ-from-Hagia-Sophia.jpg
ap91-2.jpg
33rei3_01.jpg
このビームが「オーラ」と言われたり、「後光」と言われたりします

「人間は肉体である前にエネルギー体である」
・・と言う事を理解していた古代人は皆、自分のビームを意識していたのですが
我々はその事を忘れてしまったのです

Unknown.jpeg
大きく分けるとこのビームは前後、上下、左右、斜め(ユニコーン=上昇)
とあるのですが
天上人であるファラオや聖人は天から地球に降りて来た(ディセンションした)方々なので
斜め(髭=下降)のビームも持っているのです
eb356204.jpg
ほとんどのエジプトのファラオの像に立派な髭があるのはこのような理由です

髭があると言う事は天からこの地球に降りて来ての役目があると言うことですが
それが取れると言う事は役目を終えて上昇(アセンション)するタイミング
・・・と言う事だと思います

ツタンカーメンも、エジプトも、地球も
新しいステージへ!
・・と言う事だと思います!
【2015年春・夏シャーマンワーク】開催日程

下記以外の日程も随時開催します.お気軽にお問い合わせ下さい
詳細はこちらのホームページにて
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<<シャーマンワーク・ビギナー(1日)>>
『自然やパワースポットで心身の浄化を体感し、本来の自分自身の状態にリセットします。』
○6月27日(土)
○7月18日(土)
○8月22日(土)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<<シャーマンワーク・ベーシック(2日)>>
『心身の浄化とリセットをしたあとに、テーマ別のワークや、感受性をUPさせるワークをします。圧倒的に大きなエネルギーのパワースポットでワークを行い、右脳に直接刺激を与える事で自分自身の深い部分を知る事になります。』

【7月25日.26日(土・日)】
一歩を踏み出す勇気(決断のワーク)

【8月29日.30日(土・日)】
男女のエネルギー統合(婚活ワーク?)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
<<シャーマンワーク・アドバンス「魂覚醒の旅」>>
浅野重人が過去に訪れた中でも特別な聖地でワークをします。
あなたの中身を細胞から変化させますので、必ず人生観が変わります。
★魂・覚醒の旅 in 出雲 6月19日〜21日
★魂・覚醒の旅 in 石垣島 7月10日〜12日
★魂・覚醒の旅 in 北海道 9月4日〜6日
★魂・覚醒の旅 in 宮古島 10月16〜19日
★魂・覚醒の旅 in インド 11月2日〜9日
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
詳細はこちらのホームページにて
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ