浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

川からのメッセージ

今日は夏至、一年で最も日が長い日です
そして、その影響でとてもエネルギーが強い日です
こういう日は良い事でも悪い事でも、自分の想像が現実化する力が非常に強いですから自分の想像する事に気をつけましょう!

さて、先日久しぶりに多摩川上流、御嶽渓谷に行きました
この時期の御嶽渓谷は夏の訪れというか、独特の開放感を感じさせる香りに溢れていて良いです(何かの花の香りでしょうか?)
水も澄んでいてとても気持ちが良かったので練習前に川の神様にお祈りをしていました

すると

【清らかに 流れ行く 粛々と 命生み出し そして 基に還す 洗い流し 祓い 浄化し また生み出す 溜まりにたまったもの 吐き出し清める その時近し】

ときました

最近、国内外ともに水害が頻繁に起っていますし、ありとあらゆるところで【水】のキーワードが聞こえてきます

川は全ての生命の生み出しの元であり、また、再生の為の大掃除、死、を与えるものものです
洪水や水害が「悪い事」と決めつけるのは人間の側からみた人間の都合であり、自然側から見れば生命の循環システムなのです

歴史上の文明も必ず川のそばに存在し、度重なる洪水や災害に見舞われながらもそれを受け入れ発展してきました
自然の摂理を受け入れて来たのですね

いま、我々はどうでしょう?
宇宙や自然の摂理よりも「人間が作った人間の為のルール」のほうが重用視されてはいないか?
人間とは地球や、自然の上に生かされている存在だという事を忘れてはいないか?
今一度その事を確認させられた日になりました
IMG_0512.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

「タウンニュース」に掲載中

本日発売の「タウンニュース」平塚版
チームテイケイの記事が載っています
平塚市のチームとして頑張ってきます!
こちら
IMG_0507.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

名監督・名指導者

サッカーW杯日本が勝って良かったですね
メディアはもの凄い騒ぎですが(ラフティングも頑張ってますよ〜!!)、今日一番うなった記事です

オシム氏「1面全て本田なら日本危ない」

オシム氏曰く;

【「新聞の1面がすべて本田だったら、日本は危ない」
「カメルーンは巨人ゴリアテで、日本は小人ダビデだった」と旧約聖書の物語を引き合いに出し「本田が(うぬぼれて)ゴリアテになってしまったら、彼と日本の未来にとって悲しいこと」と警鐘を鳴らした。】

マスコミが煽り、それに動かされる大衆のエネルギーが選手に大きな影響を与える事を知っているのです

そして;
【「同じような力の国に勝てたのだから、劣等感を持つ必要はない。陶酔状態にならず、冷静に反省点を分析してほしい」】

日本全体の将来を見据えた視点を持っています
やはりこのオシムという人は素晴らしい指導者ですね
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

新型ボート誕生!

ニュージーランドのラフトメーカー【INCEPT】が新型のレース用ラフトを開発しました
INCEPT RACER

これはODSSの「北さん」こと北川社長が提案したものです
北さん、おめでとうございます!

僕がオーストラリアから帰国した97年当時、日本でラフティングを行っているオペレーターが少ない中、ODSSの北さんは日本で最初に急流水難救助Rescue3を始めたり、98年には一緒にコスタリカに行き翌年の日本の世界大会出場権を交渉しに行ったり(日本が世界大会に出場したのはこれがきっかけです)、と常に斬新な発想でラフティングの世界を切り広げてきました

世界最速艇「コロラド」に対抗するボートを!
とのコンセプトで生まれたこのラフト
試乗出来る事を楽しみにしています!


動画。クイックなターンが期待できそうですな。試乗しているのはニュージーランド代表チーム
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ヒーリング体験

一口にスポーツと言っても教育としてのスポーツ、健康増進目的としてのスポーツ、競技としてのスポーツがあります

我々チームテイケイは競技としてのスポーツに属していますので、ある意味、肉体を犠牲にして勝利を手に入れています

それを続けていると、ほっておくと体はズタボロ、ヘタをすると選手生活はおろか、日常生活にも支障をきたすほどの傷害を被る事にもなります

だから週に何日かは【治療の日】が必ず必要になります

治療や体のメンテナンスはもっぱら初動負荷トレーニングやヨガをやったりしていましたが、今回初めてエネルギーのヒーリングを体験させてもらいました

てあて セラピー「ぬくぬく」

今までは治療というと整体や按摩、マッサージ、などガンガンに体をほぐしていくイメージが強かったですが、優しく触りエネルギーを通す次世代ヒーリングは選手一同、初体験だったので皆「不思議な感覚」と衝撃を受けていました

チームテイケイはラフティングのパイオニアですから、理にかなっているいる物であればドンドン新しいものを吸収していきますよ〜!!
IMG_0493.jpg
先生は僕の仲間でもある小西愉香さん
彼女曰く「ここは武将エネルギー」とのクラブハウスもこの日は和やかになりました〜、、かな??
permalink * comments(1) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ