浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

チームテイケイ今後の活動についてのお知らせ

浅野重人です

チームテイケイ今後の活動についてのお知らせ

このたび今後の活動につきまして正式に決定致しました。
当初「今シーズン限りでチームテイケイの活動は終了」
という予定ではありましたが、
先の10月コスタリカ世界大会での世界2連覇という結果を受け、
2013年の世界大会での3連覇を目指し
引き続きチーム活動を継続する事となりました。

なお今後、現監督の浅野重人は13年間の競技活動を引退し、
アドバイザーとしてチームの活動に関わりながら、
今や世界一のレベルとなった日本のラフティング普及のために
広報活動や講演、執筆、講師の活動を行っていきます。

時期監督候補として現キャプテンの池田拓也を教育し、
古川陽進、小泉聡、新規加入の選手とともに
更なる連覇に向けての体勢を創っていきます。
なお新規加入選手は正式に決定次第お知らせ致します。

これまでチームの主軸であった
鈴木達也、柏木星穂、八木澤慶太の3名は、
今シーズン限りでチームを退部し、
これまでの経験を活かしながらそれぞれの方法で
ラフティング普及活動を行っていきます。
どうか新たな門出を迎える彼らにも
変わらぬご支援のほどよろしくお願い致します。

世界2連覇を達成しました今、
日本の競技ラフティングは国内のみならず、
世界におきましてもその動向に注目を浴びております。

今後は益々世界各国のマークが厳しくなりますが、
「ラフティング常勝国」を創るべく
より一層切磋琢磨していきますので
どうか変わらぬご支援ご指導のほど
よろしくお願い致します。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

2012年の波に上手く乗るには その1

浅野重人です

今、世界においても日本においても色々な事が起っています
今まで当たり前だと思っていた「常識」や「価値観」
それらが全て覆される出来事が起こっていると思います

今後益々この動きは加速します
「今までの常識や価値観」はドンドン壊される出来事がまだまだ起きます
数十年という短いスパンではなく、地球や人類にとっての長いスパンでは
そのような時があるのです
今まさに我々はその時代にあると思っています

その流れは大きな大きな流れですから
起る出来事をコントロールする事はできません

ではどうすれば良いか?
「自分が変わる事!」
それしかありません

それには準備が必要です
「自分の考え方、価値観」の中から
「本当に必要なもの」と「そうでないもの」を明確にしておく必要があります

そしていつでもその「本当に必要なもの」に沿って物事を選択する事です
それを自分自身で把握していなければ外の出来事に翻弄されてしまいます

「本当に必要なもの」は本には書いてありません
誰に聞いても教えてくれません
それは自分自身に聞くしか無いのです

何故自分はこの仕事を選んだのか?
何故自分はこの人と結婚したのか?
何故自分はこれをしていて楽しいのか?
何故自分はこの夢を持っているのか?

心を静かにして自分自身に問いかけるのです
紙に書き出すのです
できるだけ深い深いところまで
深い部分の自分に

「何故それを望んだのか?」

と問うのです

本気でやればある共通項が必ず見つかるはずです
全てにおいて自分が何故それをやりたいのか?
という理由にたどり着くはずです

それこそが「本当の目的」であり「魂の目的」なのです

その目的に沿って生きていけば必ず未来は開けます
なぜならそれこそがあなたが生まれてきた目的だからです

これからの時代は「自分の本当の目的」「自分の魂の目的」
を達成するために本気で働く人々が創っていく時代になる!
そう本気で思っています
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

11月11日を終えて

浅野重人です

今年最大のエネルギー転換の日とも言われた11月11日はいかがでしたか?
僕は特に9月から起る出来事が加速していき、めまぐるしい変化がありましたが
そのピークが11月11日だったような気がします

なにせあまりにも色々な事が起りすぎて、振り返る時間が全く無い!
本当に世界大会2連覇した事など遠い過去に感じます
こんな経験は今までの人生のなかで初めてです

「人間はみな半年で60兆個全ての細胞が新しくなる」
と言われていますが、9月から少なくても4〜5回は細胞が全取っ替えされているのを感じます

僕の周りの人達も同様にめまぐるしい変化を経験しています
皆さんもこころあたりがありませんか?

今までの人間関係が突然切れたり
今までとまったく違う人に出会ったり
今までやっている事が突然上手くいかなくなったり
本当に自分がやりたい事が突然叶ったり

「良い事」も「悪い事」も
色々な事が起っていると思います

大切なことはその「良い事」も「悪い事」も
全て必要で
「本当の自分にとって必要な事」
「本当に自分が良くなるため」
に起っていますので全てを受け入れてくださいね

いま、これまでにない大きな大きな流れがきています
その流れに乗っていかなければいけません
そしてその流れは益々加速していきます

僕の感覚では2010年という一年が一回転で廻っていたとすると・・

2011年は3回転
2012年は5回転

くらいの速さで変化が訪れます
そのくらい2012年はトンでもない年になります

その中で

流れに乗れる人

流れに乗れない人

がはっきりと分かれていきます

びっくりしていたらゴメンなさい
でも僕は皆さんを不安にさせようとして言っているわけではありません

本当にそのくらいの変化の波が起る事を感じて言っているのです
すこしでも心の準備が出来る人を増やしたいのです

流れに乗れるか否かはただひとつ

自分が変わること

それだけです

これからの世界の出来事をコントロールするは誰にも出来ません
だから

どのようになっても対応出来る自分

に進化できる人だけが
これからの世界で生きていく事が出来るのでしょう

その為にやるべき事を整理していきたいと思います
このブログにも綴っていきたいと思います
でも、今までも僕がずっと言い続けてきた事のなかに
このブログの中にもそれは見つかると思います

進化できる・・
考えただけでもワクワクしませんか?
今までとは全く違う自分になる事が出来るのですよ!?
僕もさあ、やるぞ〜!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

「頑張ろう!日本!」では変わらない

浅野重人です

コスタリカ世界大会という異国の地で
様々な国の人達と接することが出来ました
人種や経験やバックボーンの違う人達と
触れ合っていると気づきが沢山あります

どこの国の人もそれぞれの立場で、それぞれの状況で
一生懸命に生きていました

それがあるから、あらためて「日本」がわかる事があります

帰国してまず初めに思ったこと

「日本は本当に変わってないな・・」と

あれだけの震災が起ったというのに
誰もが「これではいけない!」と感じたはずなのに
申し訳ないが日本は震災前とさほど変わっていません

今まで築き上げてきた価値観、ルール、決め事・・
その「お盆」の上にまだいるのです
その上で一生懸命、皆がもがいているのです

これは、はっきり言って滑稽です
その「お盆」の上で「頑張ろう!日本!」と叫んでいても
何も変わらないと思います
いえ、むしろこれからもっと疲弊していくと思います

大切なことは、その「お盆」を変える事です
今までの「お盆」とは違う、新しい「お盆」を創っていく事です

「本当に必要なものは何なの?」
「本当に目指すべき場所はどこなの?」
そのシンプルな問いからしか
答えは生み出せないと思います

だから

「頑張ろう!日本!」
というスローガンでは限界があるのです

「シンプルに行こうよ!日本!」
とか
「新しいものを創ろう!日本!」
みたいに緩くやる気にさせてくれるスローガンが欲しいですね

僕が言いたい事は、単純にメンタルの話なのです
「頑張る」という状態からは自由な発想は生まれないのです
「力が抜けている」状態から自由な発想が生まれるのです

単純に自分の事を考えてみても
アイディアとか、発想はお風呂に入っている時とか
どこか気持ちのいい空間に行った時にこそ浮かんでくるものです

その状態から生まれた新たな発想を元に方針を創り
その上でその出来上がった方針に対して
「頑張ろう!日本!」
なのです

順序が逆なのです
頑張ってる状態では柔軟な発想は生まれないのです

******************************************************
【講習会のお知らせ】

<<自然界のエネルギーを取り込むワークショップ>>

映画「アバター」を観た事がありますか?
川、石、木、植物、虫、動物、そして水・・
自然界にある生きとし生けるものには全てエネルギーが宿っています
それらは全て全体の中で調和しお互いに支えあい成り立っています
当然、人間も自然界の一部なのですが、現代の人々はその事を忘れかけています

この講習では18年間ラフティングを通じて水や自然界に生き、自然界と対話できる能力を持つ浅野重人が、自然界にあるエネルギーとの繋がり方を伝授します
参加者は自然の力を借りながら自分の深層心理に深くアクセスする事で「心をクリアにして内なる自分自身に気づく」きっかけとなり、人間が自然界の一部である事をあらためて体感します

今年は世界中で自然が猛威を振るっています
それらはすべて自然界から人間への「自然との繋がりを思い出しなさい」というメッセージです
この講習がいま一度人間のあり方や生き方そのものを見つめ直す機会になれば幸いです

日時:2011年11月19日・20日(一泊二日)
場所:静岡県伊豆(中伊豆、狩野川、天城山等)
   JR沼津駅に集合
受講費:30,000円(講習代、現地移動代、宿泊代、食事代(4食)含む)
定員:10名限定(先着順です!)
〆切:11月13日(日)
参加希望のかたは
info@asanoshigeto.com
にご連絡ください
drena.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

「しがくセミナー」講演会

11月3日(文化の日)のしがくセミナー講演会は御陰さまで大成功でした!
当日は500人以上の「志高い」方々が集ってくれました

皆さんの向上心、探究心溢れる姿勢はウワサどおり、いやそれ以上に素晴らしく、話をしている私が学ばされました

懇親会も盛り上がり、あっと言う間の一日でした
この講演会の模様は後日DVD販売されますのでどうぞお楽しみに!

o0300020011590059622.jpg

o0300020011590059626.jpg

o0300020011590059792.jpg
(株)キャリアコンサルティングの室舘社長
若くして「人間力」教育事業で社員100名以上の会社を築いたスゴい人です!

******************************************************
【講習会のお知らせ】

<<自然界のエネルギーを取り込むワークショップ>>

映画「アバター」を観た事がありますか?
川、石、木、植物、虫、動物、そして水・・
自然界にある生きとし生けるものには全てエネルギーが宿っています
それらは全て全体の中で調和しお互いに支えあい成り立っています
当然、人間も自然界の一部なのですが、現代の人々はその事を忘れかけています

この講習では18年間ラフティングを通じて水や自然界に生き、自然界と対話できる能力を持つ浅野重人が、自然界にあるエネルギーとの繋がり方を伝授します
参加者は自然の力を借りながら自分の深層心理に深くアクセスする事で「心をクリアにして内なる自分自身に気づく」きっかけとなり、人間が自然界の一部である事をあらためて体感します

今年は世界中で自然が猛威を振るっています
それらはすべて自然界から人間への「自然との繋がりを思い出しなさい」というメッセージです
この講習がいま一度人間のあり方や生き方そのものを見つめ直す機会になれば幸いです

日時:2011年11月19日1000〜
   20日1600まで(一泊二日)
場所:静岡県伊豆半島(中伊豆、狩野川、天城山等)
   JR沼津駅に集合
受講費:30,000円(講習代、ガイド代、現地移動代、宿泊代、食事代(4食)含む)
定員:10名限定(先着順です!)
参加希望のかたは
info@asanoshigeto.com
にご連絡ください

浅野重人
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ