浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

講演会のお知らせ

6月22日に講演会を行います

『世界最弱チームを8年間で世界一に引き上げた心の整え方』

どんな人でも一瞬にして自分の考え方を+に切り替え、
起きる出来事を前向きに捕らえて行くクセをつけて行き、
「出来ない言い訳」ではなく「出来る事をする」事を根気よく続けていけば、
どんな人でも自分の夢を叶える事が出来ます
その、ノウハウを語ります

■サンプル動画
弱いところを補いあうのが真のチームワークである



■日時 6月22日(水)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員40名
    7月14日(木)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員20名
    7月14日(木)18時30分~21時(受付開始:18時15分)定員40名
    ※全日程とも同じ内容となります。ご都合の良い日程にご参加ください。
 
■会場 東京・浜町総合スポーツセンター(中央区日本橋浜町2-59-1)
都営地下鉄新宿線浜町駅 徒歩2分 

■お申込方法 こちらから必要事項を記入の上お申し込みください。

■参加費用 3,000円(日本チームビルディング協会会員:無料)

■主催/共催 
一般社団法人日本チームビルディング協会
株式会社アクションラーニングソリューションズ

***********お知らせ************
(1)自身初の著書「どん底から世界一」7/7発売!
タイトル:どん底から世界一 
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いたワクワク和心リーダーシップ
著者:浅野重人
出版社:エベイユ 
出版日:7月7日
定価:1470円

(2)メルマガ
定期的に魂に響くメッセージをメルマガでお送りしています
配信登録は以下より
【こころの鏡】浅野重人メルマガ  
***********お知らせ************
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

感動!

6月2日(旧暦の六月一日)に入り、エネルギーが変わりましたよ
現実にも、首相退任、新潟で地震(新たな導火線?)と動いています

今日は、遅ればせながらアドベンチャーレース、チーム・イーストウィンドの
『パタゴニアエクスペディションレース2011』NHK BS
を見ました

とっても、良かった!
みんな自分の魂に純粋に、真剣に、生きている
人間てそのときが一番美しいんだ!と感じました
一つの目的に皆で本音で向き合う事が魂の目的なんだな〜と

父役・田中さんと、息子役・ヨーキの心の葛藤
ワッキーの女の強さ
そしてチームのお母さん役としてのクラッチのキャラ
あー、この人達は家族なんだ〜

ヨーキの「田中さん、尖った言い方をしてすみませんでした」
田中さんの「クラッチ、お前が最後の頼りだからな」
クラッチが寝ている皆に微笑む姿
良いチームだなー、と感じました

・・て、観ていない人は何の事やら分かりませんね・・
再放送の予定は無いそうだが、将来商品化されるようですから是非観て下さい
はっきり言って全ての日本人が観たほうが良い!と断言します

【本音で生きない人生に何の意味があろうか!?】

それに比べれば「結果」や「周りの評価」などはどうでも良い事なのです

感動をありがとうございます

***********お知らせ************
(1)講演会のお知らせ
■演台 『世界最弱チームを8年間で世界一に引き上げたリーダーのあり方』 
■サンプル動画
弱いところを補いあうのが真のチームワークである
■日時 6月22日(水)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員40名
    7月14日(木)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員20名
    7月14日(木)18時30分~21時(受付開始:18時15分)定員40名
    ※全日程とも同じ内容となります。ご都合の良い日程にご参加ください。
 
■会場 東京・浜町総合スポーツセンター(中央区日本橋浜町2-59-1)
都営地下鉄新宿線浜町駅 徒歩2分 

■お申込方法 こちらから必要事項を記入の上お申し込みください。

■参加費用 3,000円(日本チームビルディング協会会員:無料)

■主催/共催 
一般社団法人日本チームビルディング協会
株式会社アクションラーニングソリューションズ

(2)自身初の著書「どん底から世界一」7/7発売!
タイトル:どん底から世界一 
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いたワクワク和心リーダーシップ
著者:浅野重人
出版社:エベイユ 
出版日:7月7日
定価:1470円

(3)メルマガ
定期的に魂に響くメッセージをメルマガでお送りしています
配信登録は以下より
【こころの鏡】浅野重人メルマガ  
***********お知らせ************
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

天狗さんのお導き

以下、信じようと信じまいと本当の話です

5月のあたまくらいから夢の中や瞑想中に天狗がしょっちゅう出てきました
天狗さんは僕に色々とやって欲しい事があるらしく
「あそこの山に来て欲しい、ここの山に来て欲しい」と言ってきます

そう言われると、僕に出来る事であればしてあげたいな・・という気持ちになりまして、何かとても突き動かされる気持ちになり、仕事の合間を縫っては地元、四国、群馬、と色々な山に登りました

そして、ついに1週間くらい前にはその天狗さんが自分のとても近くにいる事を感じるようになりました
それはそれは、まるで「Death Note」の主人公と行動を共にしている死神のリュークのように、自分の後ろにぴたりとついている感じと一緒です(笑)

そして夜、夢の中では色々な勉強をしてくれます

例えば
「あそこの山とあそこの山はネットワークで繋がっている」
とか
「あそこの山とあそこの山は親子の関係である」
と言った感じです

その事を左脳で覚えているのは目が覚めた瞬間だけです
なので書き留めておかないと忘れてしまうので直ぐに枕元に置いてあるメモ帳にメモをします
(右脳にはインプットされているので必要な時にはハッと閃きますけどね)

ちなみにインターネットなどでそのような情報を調べても載っていません

自然界には、今の人間にはとうてい理解できない「山と山のネットワーク」というものが存在するようです

それは人間社会のインターネットの構造に似ています
大きな基地局があり→そこから何個かの中くらいの基地局に繋がっている→そこから沢山の小さなサーバーに繋がり→各家庭に繋がっている

…みたいな構造が自然界にもあるのです
…と言うよりもその様な自然界や宇宙の構造をインスピレーションとして閃いた人がインターネットを創ったと言ってよいでしょう
山同士がそのアンテナとしての、基地局としての役割をして大切な自然のエネルギーを繋いでいるのです

ですから山とは自然界にとって、とても大切な役割を果たしているのですね
そして、どうやら僕はその山どうしを繋ぐ技術者としての役割があるみたいです

《天狗の山・迦葉山にて》
kasixyozanmeisou.jpg

110531_110030.jpg

tegunoki.jpg
この木に天狗が止まっていました

***********お知らせ************
(1)講演会のお知らせ
■演台 『世界最弱チームを8年間で世界一に引き上げたリーダーのあり方』 
■サンプル動画
弱いところを補いあうのが真のチームワークである
■日時 6月22日(水)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員40名
    7月14日(木)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員20名
    7月14日(木)18時30分~21時(受付開始:18時15分)定員40名
    ※全日程とも同じ内容となります。ご都合の良い日程にご参加ください。
 
■会場 東京・浜町総合スポーツセンター(中央区日本橋浜町2-59-1)
都営地下鉄新宿線浜町駅 徒歩2分 

■お申込方法 こちらから必要事項を記入の上お申し込みください。

■参加費用 3,000円(日本チームビルディング協会会員:無料)

■主催/共催 
一般社団法人日本チームビルディング協会
株式会社アクションラーニングソリューションズ

(2)自身初の著書「どん底から世界一」7/7発売!
タイトル:どん底から世界一 
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いたワクワク和心リーダーシップ
著者:浅野重人
出版社:エベイユ 
出版日:7月7日
定価:1470円

(3)メルマガ
定期的に魂に響くメッセージをメルマガでお送りしています
配信登録は以下より
【こころの鏡】浅野重人メルマガ  
***********お知らせ************
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

今の自分の心が未来の現実をつくる

浅野重人です

3月11日の震災直後は現実的な被災の内容もさることながら
メディアやインターネットを通じて人々の不安想念が渦巻いていました
その想念に影響を受け、心だけでなく体調を崩した人も多くいました

今、311以来の不安想念がまた浮上してきていますね
それは日本人の意識を向上させる為の出来事であると感じています
すべて「自分の心のあり方」を試されていると感じるのです

全く同じ状況下におかれていても
勇気と愛を示して行動している人がいる・・
反対に不安や恐怖に苦しんだり、周りの人にそれをぶつける人がいる・・

その違いは何なのでしょうか?

現実、出来事そのものに意味は無い
その出来事に意味を作っているのは自分の心である


もちろん、人の心にはそのどちらもあります
どちらが正しいとか、間違っているという話ではありません

でも
自分が出したものは自分に還ってくる
というのは間違いありません

そして
今の我々の意識が未来の我々の現実を作っていく
ですよね

だとしたら
自分はどうなりたいか?
我々はどうなりたいのか?
それを決め想像する事が最も大切な事だと思います

お互いに励ましあいながら勇気を持って
この状況をプラスに解釈するには何があるだろうか?
という発想を心がけるようにしたいですね

P1080254a.jpg
僕の場合はまずはラフティングから

***********お知らせ************
(1)講演会のお知らせ
■演台 『世界最弱チームを8年間で世界一に引き上げたリーダーのあり方』 
■サンプル動画
弱いところを補いあうのが真のチームワークである
■日時 6月22日(水)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員40名
    7月14日(木)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員20名
    7月14日(木)18時30分~21時(受付開始:18時15分)定員40名
    ※全日程とも同じ内容となります。ご都合の良い日程にご参加ください。
 
■会場 東京・浜町総合スポーツセンター(中央区日本橋浜町2-59-1)
都営地下鉄新宿線浜町駅 徒歩2分 

■お申込方法 こちらから必要事項を記入の上お申し込みください。

■参加費用 3,000円(日本チームビルディング協会会員:無料)

■主催/共催 
一般社団法人日本チームビルディング協会
株式会社アクションラーニングソリューションズ

(2)自身初の著書「どん底から世界一」7/7発売!
タイトル:どん底から世界一 
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いたワクワク和心リーダーシップ
著者:浅野重人
出版社:エベイユ 
出版日:7月7日
定価:1470円

(3)メルマガ
定期的に魂に響くメッセージをメルマガでお送りしています
配信登録は以下より
【こころの鏡】浅野重人メルマガ  
***********お知らせ************
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

311後・日本人へのメッセージ

以下、3月30日に天から僕に降りてきたメッセージです
日本人全体に対するメッセージですので今ここに公開します

***********************
このようなときだからこそ心の混乱を沈め、自分自身に向き合う事をして下さい
3月11日以前は、世間の風潮とか、人の言っている事とか、社会の決め事とか、暗黙の了解といった、自分の内なる声よりも、外の事、考え、情報を基に判断基準として生きていた人が多かったです
しかし、あなた方は気付いているはずです
3月11日を境目として、そのような生き方はなにか違うのでは?、と皆こころの中で気付いているはずです
そのクエスチョンに対して向き合う事をして下さい
そこに向き合わずにまた以前のように流される生き方を続けているのでは何も変わりません
この出来事の意味が無くなってしまいます
この出来事の意味というのは、皆さん一人一人に、日本人一人一人にその事に向き合い、何が本当に大切なのか?、皆さんがなぜ今この時にここに生きているのか?、何の為に生きているのか?に意識を向けさせる為に起っているのです
ですからどうかその事をそれぞれがそれぞれの胸に問いていって下さい
その意識があればあなた方の廻りに同じような人達を引きつけ、あなた達の世界が変わって行く事でしょう
その和が広がって行く事を我々は望んでいます
大切な事はベクトルの向きです
外からの情報や、話を聞き、何となくその流れに身を任せて良いのだな、と言うのはそれは依存の姿勢というものです
それをやめ全て自分の考え、意志、価値観と言うものを何よりも大切にして言って下さい
その事が一人一人の責任であり問われています
もう誰かに何かを頼る事をしたり、誰かの言っている通りやれば良い、という時代ではありません
あなた方一人一人が本当に何を望んでいるのか?何をしたいのか?という事を一番の物差しにして生きて行って下さい
恐れる事なく自分のこころの声に素直に従って行って下さい
どんな人でも魂はあり、こころの声を聞く事が出来ます
そしてもし、自分にストレスを感じるとするならば、自分との一体感を感じないとするならば、何か不安があるならば、その状態というのは全てあなたがあなたでないからなのです
あなたが最大限のあなたである時、自分自身と一体化している時、そこに不安や恐れが存在する事はあり得ません
ですのでどうかその事を一番大切にして行って下さい
そしてより大きな視点をもち、自分だけではなく何故自分自身がこの環境におかれているのか、今この時にこの場所で生まれこの事を経験しているのかを、日本人として生まれた事の意味、家族、職場、廻りの人達と一緒にいる事の意味をしっかりとポジティブな姿勢で逃げずに見つめて下さい。
すべてあなたの環境、今いる場所、人間関係も含め、あなた自身が選んでそうしているという事を、認めてください。肝に銘じて下さい。
それを認めたく無いと思うのはあなたの感情や自我といった凄く浅い薄い表面的な部分であり、全てあなたの魂はその事を望んでそれを引きよせ、その環境を作っているという事を認めて下さい。
それを認めずに変わる事は、成長する事はできません
ですからあなた自身が今の環境を設定したのだと言う事をどうか認めて下さい。
それは自らのこころに向き合い自らの魂を見つめれば分かるはずです。

***********お知らせ************
(1)講演会のお知らせ
■演台 『世界最弱チームを8年間で世界一に引き上げたリーダーのあり方』 
■日時 6月22日(水)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員40名
    7月14日(木)14時~16時30分(受付開始:13時45分)定員20名
    7月14日(木)18時30分~21時(受付開始:18時15分)定員40名
    ※全日程とも同じ内容となります。ご都合の良い日程にご参加ください。
 
■会場 東京・浜町総合スポーツセンター(中央区日本橋浜町2-59-1)
都営地下鉄新宿線浜町駅 徒歩2分 

■お申込方法 こちらから必要事項を記入の上お申し込みください。

■参加費用 3,000円(日本チームビルディング協会会員:無料)

■主催/共催 
一般社団法人日本チームビルディング協会
株式会社アクションラーニングソリューションズ

(2)自身初の著書「どん底から世界一」7/7発売!
タイトル:どん底から世界一 
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いたワクワク和心リーダーシップ
著者:浅野重人
出版社:エベイユ 
出版日:7月7日
定価:1470円

(3)メルマガ
定期的に魂に響くメッセージをメルマガでお送りしています
配信登録は以下より
【こころの鏡】浅野重人メルマガ  
***********お知らせ************
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ