浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

ネガティブエネルギーの対処方法

先日のエキシビジョンレースで負けたあとから全体の様子を冷静に観察していて、いかにネガティブエネルギーの対処方法が大切かがわかりました

人は調子が良い時はちやほやされるものですが、実は人間の本性が見えるのが失敗したときなのです
なぜならば人は誰でも『嫉妬、妬み』の心を持っているからです
目に見える行動や言葉はなくても、『心の声』が聞こえるとそれがよ〜くわかります
そして目に見えなくてもそのエネルギーは動き、現実となっているのです

付け入る隙が無い時はそれらはおとなしくしていますが、一度隙をみせるとそのエネルギーは怒濤のごとく流れ込んできて攻撃してきます

ニュースもテレビも雑誌も人気があるのは「良いニュース」よりも「事件、事故、失敗」といったネガティブなものばかりなのも、その大衆心理の現れです
その事実を見事に証明していたのが、ここ数日のこのブログのアクセス数が鰻登りに上がっている事です(笑)

スポーツ(に関わらず全て)の世界で結果を出し続けるという事は、この全体エネルギー(集合意識といいます)の対処方法を知らなければいけません

トップまで登り詰めた人も一気に奈落の底に落とされるほどの力をこの『集合意識』は持っているからです
そのような有名人が沢山いる事は皆さんも心当たりがあるはずです

『大貧民』というトランプのゲームがありますが、大富豪であり続けるのはアドバンテージがあるのでそれほど難しく無いのですが、一度ヘマをすると一気に大貧民行き、みたいなもんです。。

『勝ち続ける事』とは実は見えないエネルギーとの戦いなのです

いかにして集合意識をネガティブエネルギーからポジティブエネルギーに変換するか、までコントロール出来る人は『超一流』だと思います

謙虚さ、感謝の心、を忘れぬ事を教えられました
そして、大愛、ビジョンを示し続けます
ありがとうございます!!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

勝つ事よりも負けぬ事

週末に群馬県の利根川で開催された日本リバーベンチャー選手権に世界大会日本代表チームとして招待され参加しました

世界大会前の最後の国内戦だったので集中力が高く、全種目1位を獲得したのですが、最後のエキシビジョンのH2Hでは大会の優勝チーム・鳥取大学と当たり惨敗しました
国内のレースで負けた事は無いですが、種目で負けたのは恐らく2回目です

5月は3つの国内レースに出場しましたが、どれもチームにとっては世界大会に向けてのシュミレーションという位置づけで、大会での成績結果よりもただオランダの世界大会のみを見据えて挑みました
あくまでも世界大会で勝つ事に主眼を置いていたので、世界最速艇のコロラドを使用する事はせずにあえて船足の遅い世界大会の公式ボートを使い続けました
はっきり言ってコロラドとはF1と軽自動車くらいのスピード差があります

それでも先々週の吉野川大会では辛くも女子代表チームに勝ちましたが今回はそうはいきませんでした
ただ負けてしまってはどうしようもありません

負ける事によって初めて見えるものがありました
一番に
【チームテイケイは国内においては絶対に負けてはいけないチームである】
という事をあらためて実感しました

【勝つ事よりも負けぬ事】
自分の指導者としての師匠であり、日本最強のトライアスロンチームを創った八尾監督の言葉です

この悔しさ、惨めな思い、不甲斐なさ、全ての感情をチーム全員で目をそらさずに受け止め、確認しあいました

それを知るために神が我々に世界大会前に与えたギフトだと思っています

オランダの世界大会まであと一ヶ月、やるべき事ははっきり見えています

世界一のチームとなって今までの小さなミスは全て帳消しにさせてもらいますわ
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ラフティング転覆の瞬間

先に行われた水上でのレースでの一コマ
サーフィンコンテストでのチームテイケイ転覆の瞬間です


おまけ四国でのレースの一コマ
ゲゲゲの鬼太郎妖怪バンド
猫娘がナイスです
IMG_0481.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

四国吉野川大会での学び

四国・吉野川より戻りました
週末にはジャパンカップ2戦スプリント&ダウンリバー出場も兼ねての強化合宿
pf09.jpg
しかし、前半のカヤックトレーニング中に激流でホシオが右肩を痛めました
無理して試合に出場することは出来なくは無い程度でしたが、世界大会まであと一ヶ月半に迫った今、完治させる事の方が優先でした

そこで、今回の大会でのチームのテーマを以下のように設定し直しました

「自分の、そしてチームの弱さと向き合う」

いつもとは違う弱い自分達を認め出来る力を最大限出し尽くすトレーニングであると
ホシオは大事をとって欠場させ、トレーニング生の聡を入れ、ポジションも大幅に変更した中でのレース

結果は何とか優勝しましたが、降下タイムは日本女子代表チームともほとんど差がないほどでした

現時点でこの布陣では世界の女子チームと同じレベルだと言う事がわかりました
そして、その状態でレースが出来た事は必ず今後に生きると思っています

個人としてもチームとしても、心技体とも強い状態であれば必ず勝てます
しかし、弱い状態の時にどこまで出来るか?で本当の実力が試されるものです

【どんな事でも起こり得るのが世界大会】ですから
IMG_0478 のコピー.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

四国激流合宿【四国・野鹿池】

日本屈指の激流、四国、吉野川での強化合宿中です
写真.jpg
IMG_0437.jpg
四国は川も自然も本州とは全く違う性質でとても強いエネルギーの場所です
あの空海や88カ所参りのお遍路さんで結界を張っているのも、この土地にある大事なものを強く守るためなのでしょう

昨年のボスニアでの世界大会での経験から、自分もチームも川や水の神様に守られている事を確信しました
ですから遠征先の川に行った時にまず始めにその川の神様が守っている地に感謝の挨拶する事をする事を大切にしています
nokai8.jpg
野鹿池の龍神様
IMG_0462.jpg
よくまあ、こんなこんな所に橋をかけ人が住んでいるなあ、という場所が沢山あります
IMG_0458.jpg
こなき爺の故郷でもあります
IMG_0467.jpg
午前、午後の二回の練習のあと、夜は【さぬきうどん】で3部練
うどん一人あたり3〜4人前とおでん30本を6人で完食

激流にはやられましたがとりあえずうどんは制覇しました。。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ