浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

8の世界

電車から外を眺めていたら
言いようの無いくらい、綺麗な夕日がありました

とても穏やかで幸せ、感謝で一杯の気持ちになりました
なんか得した気分、生きているって素晴らしいなあ

・・と心底そう思いました

しかし隣にいる人はその夕日には全く気付かず
(恐らく仕事の)携帯のメールを読みながら難しい顔をしていました

僕は思わず
「そんな不機嫌な顔していないで外を見てみなよ!」
と言いたくなったが、その時に分かったのです

【人は皆、自分が見たい景色を見ている】

・・のだと

忙しければ、忙しい景色が
幸せであれば、幸せな景色が
見えるのだと思います

喜びも、苦しみも、
すべてはこの瞬間に存在しているのです

自分がどこにあるか?
なのだと思うのです
「偶然」なんて無いのだと思いますね

2015-04-14 16.49.19.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

『雪の鳥取で強化合宿』ラフティング・2月活動報告

定期的にラフティングチーム・テイケイの活動報告をブログに掲載します

1月26日〜29日まで鳥取のジム「ワールドウィング」に強化合宿に行きました。
a.jpg
イチロー選手のコーチでもある「小山裕史・先生」に動作力学の観点からラフティングの指導をしていただきました。
e.jpg
我々の持っている固定概念、常識に縛られない発想に触れ、刺激を得られました。
b.jpg
世界一となる為には、既存の概念に囚われない、柔軟な発想が必要です。来年の世界大会では、新生!日本のラフティング・スタイルで世界一奪還を狙います。
d.jpg
また選手兼任コーチである池田も含めた7人で、1人乗りのカヌーの計測会を行い、選手の自立性と闘争心を養います。チームの雰囲気がマンネリ化しない様、手を替え品を替え、刺激を入れていきます。
c.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

本年もよろしくお願いします!

皆様
本年もどうぞよろしくお願い致します

年が明け、皆様どのような志を立てましたか?

私は今年は
【陰陽同時並行】
を意識しようと思います

神事と現実事…
やりたい事とやりたくない事…
本音とタテマエ…
本当は『同じもの』なのです
昨年まで、それを学ぶレッスンをしていました

今年からはそれを腑に落とした上で(←ここが1番大切になります)、
陰陽を上手く使い分けて生きていこうと思います
この社会とは
『人によって陰陽が違う』ものですからね

今年から4年ぶりに『ラフティングチーム・テイケイ』の監督に復帰する事になりました

「では、しばらくシャーマンワークはお休みですか?」と聞かれますが
そんな事はありませんよ〜!

ラフティングも、、
シャーマンワークも、、
親子自然学校も、、
企業研修も、、
全部やって行きます‼︎
なんせ【陰陽同時並行】ですから!

僕の中では全てが同じライフワークであり、
全てが同じこの地球を愛する活動なのです

何を選択して何を選択しないのか?
バランスを学んでいく年になると思います

よって、また皆様にはご指導いただく事になりますが、
地球を愛する仲間として今年もどうぞよろしくお願いいたします!

シャーマンワーク
浅野重人
1935498_1061771143842125_7758892811502620423_n.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

12/19(土)第3回シャーマンワーク大忘年会 お知らせ

12310614_1043178322368074_3748083928516604779_n.jpg
毎年恒例の「シャーマンワーク」大忘年会のお知らせです

12/19(土)は一年の総決算!
大磯・高麗山のお膝元で
年の締めにピッタリなスペシャル企画を開催します!!
12311106_1043178349034738_280766950876940561_n.jpg
▼忘年会の詳細↓
==================
【日時】12月19日(土)
 10:00 JR大磯駅集合(その時間のみ送迎あり)
 10:30 高来神社で正式参拝
     ※一年の感謝ご報告&来年の決意報告に対して宮司が祝詞祈願してくれます
 11:30 ランチ
 13:00 シャーマンワークスペシャル企画ワーク
    ◆『美と地球』〜アロマヘアートリートメントを作ってみよう!!by島田裕子
    ◆『意識を外から内に向けるプログラム』by浅野重人

 17:00 忘年会準備
 17:30 JR大磯駅集合(忘年会から参加の方。この時間のみ送迎あり)
 18:00 大忘年会スタート
     ※お鍋を囲んでの大宴会。あの時のあんな話、こんな話で一年を振り返りながら、飲んで     食べてみんなで楽しく盛り上がりましょう!! 差し入れ大歓迎♪
     豪華景品付きSWビンゴ大会も開催します!(☆)
 深夜 各自解散(帰りは送迎ありません。希望者は宿泊可能) 
==================
【会費】
・正式参拝+ワーク+忘年会 7,000円(ご祈祷の初穂料込み)
・ワーク+忘年会 5,000円
・忘年会のみ 4,000円
(いずれ場合も会費から神社へ1人1,000円お納めします)
==================
【締切】12/14(月)の23:59まで!
※19日夜に宿泊希望の方は必ず締切前に申込み願います
==================

▼スケジュール・会費・お申込はコチラ↓から~
https://goo.gl/IipR4j
もしくはメール
shamanworkoff@gmail.com
まで
11693898_1034148049937768_9073688385020273021_n.jpg
皆様のご参加をお待ちしております
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

祈りとは?

【祈りとは?】

祈りを始める事
神社や聖地参りをする事

それはとても良い事だと思います

祈り=宗教では無いですよ
祈り=古今東西、人が生きる上で大切にしてきた行為ですよ

それを「特別な行為」と見ている人のほうが
感覚が麻痺していると思います
「それはヤバいんじゃないの!?」
と僕は思いますね
だって元来、日本人とは祈りを大切にしてきた民族ですよ

では祈りとは何でしょうかね?

僕がこれまで祈りをしてきて学んできた事は
『祈りとは感謝である』
ということです

今自分があるのは
親のおかげ
家族のおかげ
先祖のおかげ
周りの方々のおかげ
いやな事を言ってくれる人のおかげ
仕事の仲間のおかげ
住んでいる土地のおかげ
地球のおかげ
自分のおかげ
etc..etc..
では無いでしょうか?

それって当たり前と思うかもしれません
でも当たり前と思った時点でダメなんです
当たり前と思ったら祈りにはならないのです

祈りとは感謝であり
感謝とは当たり前の反対なのです
当たり前⇔有り難い(「有るのが難しい」と書く)ですよね

祈りとは「ただ感謝」なのです

何が見えた!とか
何が聞こえた!とか
それはあまり重要では無いのです

祈りに「感謝」以外はほとんど必要ないのです

祈りの場に行って
自分のこだわりをだしたらその時点で感謝にならないのです

色々と学ぶのは良いと思います
師事するのも良いと思います
正式とか非正式とか形から入るのも良いと思います

いずれにしても一番大切な事は
『100%自分の我を外して感謝する』
それが祈りだと思います

「おかげ様」
「生きているのではなく生かされている」
です

どうかいつもその事を大切にして祈りをして下さい
どうかいつもその事を大切にして
神社や聖地参りをして下さい
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130

このページの先頭へ