浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

沖縄日記3「伊平屋島・天の岩戸開き」

2月14日〜22日まで沖縄に行っていました

17・18日(旧暦の大晦日)は沖縄本島の北部にある
伊是名島・伊平屋島での祈り
19日(旧暦の元日)は本島最北端・辺戸岬の祈りをしました

伊平屋島で琉球王朝統合の祈りをした後は今回のメインの目的である
「天の岩戸開き」の神事をしました
今回のブログ内容はめちゃくちゃ高次元です
意味がわからなくても気にしないで下さい
普通の人にはわからなくて当然だと思いますので・・

今回のメンバーには日本の最高聖地である「大神島」の神女の方が来られました
彼女自身の「魂の覚醒」が必要であったため
幾つかの場所を巡りました

2015-02-18 08.52.05ss.jpg
ヤヘー岩

ヘブライの民族がこの地に渡って来た事を印す岩です
魂でも忘れかかっているような古い記憶でも
自分のルーツがそこにある方は思い出す事が出来るでしょう

彼女もこの岩の前で体が震え涙を流し
自分の中の途切れていた何かが繋がったと言っていました

2015-02-18 09.32.32ss.jpg
僕はこの岩の前に来た時に動けなくなりました
感じやすい人はこの写真からでも十分にわかると思います

この岩は完全に宇宙の記憶を持っていますね
星と言うよりも暗黒の宇宙と言う感じ
細胞の泡泡がシュワッとはじけて無になっていくのを感じます

私たちが今のように肉体を持っていなかった時代
エネルギー体だった時代の記憶を思い出させる岩です

この岩には
「意識の使い方を思い出しなさい」
と言われ実際に今までには無かった意識の使い方が
僕の中にインストールされた感覚がはっきりあります

ここでは太陽の光線を受けて自分が明らかに高次元体となった事を体感しました
その状態で最後の目的地に行きました

2015-02-18 10.19.58ss.jpg
この場所はこの写真が示している通り
普通の周波数帯の人間が行ける時空ではないところに私たちはいたと思います

入り口ではエジプトでいただいたアンク(スターゲートを空ける鍵)
を使ってスターゲートを空けて入りました

2015-02-18 14.43.51ss.jpg
明らかに別次元空間です
全員が意識があっちの世界に行ったまま祈っていました

この洞窟は地球の核に繋がっています
そして祈りによってこの洞窟奥深くにある「マカバ」が動きだしたのを見ました
201011072055254fb.jpg

祈りが終わり東京にいる仲間がとったメッセ−ジです

勾玉
女神
輝きはじめ
朝な夕なに
改まりし日
良き日
良き日
始まりの日よ
長きにわたる
闇が開いた


旧暦の大晦日(31日)に
天の岩戸開きの神事が完了しました事をご報告します
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

沖縄日記2「琉球王朝統合の祈り」

2月14日〜22日まで沖縄に行っていました

17・18日(旧暦の大晦日)は沖縄本島の北部にある
伊是名島・伊平屋島での祈り
19日(旧暦の元日)は本島最北端・辺戸岬の祈りをしました

伊是名島は琉球王朝の第二尚氏王統・初代国王の『尚円王』出身の島であり
第一尚氏王統の祖父『鮫川大主』が建てた伊是名城もありと
琉球王朝ゆかりの島です
2015-02-18 08.16.24ss.jpg
このピラミッドが伊是名城
伊是名城にて琉球王朝統合の祈りの許可をいただきました
2015-02-18 08.16.26.jpg
太陽神の御嶽、龍宮の御嶽などで祈り、
続いて伊平屋島に渡り、一泊しました

2015-02-17 18.48.08aa.jpg
宿の夕食は、まさかのオムライスっ!!!

翌朝早朝からの祈り
伊平屋島は島自体が「龍の形」をしており、
古代からのとても大切な聖地も点在する島です
2015-02-18 13.59.01ss.jpg

琉球王朝の生みの親でもある『屋蔵大主(やぐらうふぬし)』様のお墓に行き
第一尚氏・第二尚氏の「琉球王朝統合の祈り」をしました
2015-02-18 07.30.11s.jpg
2013年にエジプト神事で歴代のファラオ統合の祈りをしたときがきっかけで、
太陽の王族を統合させる力をいただいたのでここでもその祈りをしました

親の親の親、最後まで辿ればそれは大元の大親に行き着き、
みな同じ「一つ」になります
それは太陽であり、琉球王朝はもちろんの事

世界中の太陽信仰の大親は全て太陽に行き着くのです

この場所に近づくと祈りをする前から
「やっときてくれたか。。待ち望んだ。。」
という想いと感情が自分の体に伝わってきました

祈りをすると
「ありがとう、ありがとう・・」
とその喜びは僕自身の涙となりました

琉球王朝の歴代の王様の上に大きな光の玉が現れ、
握手をしながら天に昇っていくビジョンをみた人もいました

祈りが終わり振り返るとちょうど東からのぼる太陽が姿を現してくれました
2015-02-18 07.33.52s.jpg
真剣な祈りをすると、必ず天が何かの形で喜びを現してくれるものです

これがあるから祈りは止められない
・・・といつも感じますね
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

沖縄日記1「マナテック・トレーニングプログラム」

2月14日〜22日まで沖縄に行っていました

旧暦の正月(2月19日)をまたいでの沖縄滞在はこれで3年連続
日本も明治時代までは旧暦(太陰暦)を採用していましたから
今でも祭り事や伝統行事、占いなどは旧暦で日取りが決まります
沖縄は特にその傾向が強い

今回は2009年から僕のスポンサーとしてお世話になっている
マナテックのエリート会員様向けの企業研修でした

場所は昨年7月にオープンしたばかりのヒルトン北谷リゾート
147000571_1_59219.jpg
わ〜お〜!超豪華!

午前は『リーダーシップ』についての講演&ワークショップ
10347625_729814860470772_1624947275117171886_n.jpg

午後は初の試みで『シャーマンワーク』を取り入れた自然体験研修を開催!!
10980766_729814873804104_5851890815067743446_n.jpg
呼吸法、瞑想・・
1922491_729814890470769_4671767921414180119_n.jpg
ラー(太陽のエネルギーを取り込む)のワーク
11001728_729814930470765_1835793080321222788_n.jpg
自然界と繋がるワーク等をしました

さすが、皆様トップセールスマン!
頭の回転だけでなく「感覚力」も鋭い方達ばかりでした
「お〜!オーラがみえる!」
とか
「龍がいる気がする・・」
とか言った声がチラホラと(笑)

きっとシャーマンワークに参加すれば目覚めちゃうんだろ〜な〜。。
・・とか思いながらニヤニヤしながら見守りました(気持ち悪い?)

実際、今回ワークをした残波岬は凄い場所でしたよ
デッカい神様がおられましたね〜
2015-02-15 15.20.00ss.jpg
もちろん、祈りもしました

研修中は毎晩、沖縄伝統芸能を取り入れた素晴らしいパーティーあり
2015-02-18 08.13.59.jpg

マナテック・トレーニングプログラムin沖縄
素晴らしい3日間でした!!
11001912_729814963804095_4073224419774869894_n.jpg

また来年も呼んで下さい!

つづく・・
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

『新しい星』1/21発売!

僕の心友・髙橋洋子さんが1/21に
『真実の黙示録』
というCDを発売します

現在放送中のTVアニメ「クロスアンジュ 」の主題歌です

・・で、僕のイチオシはこのCDを買うと一緒に入っている
『新しい星』
という曲!

この曲は聴くだけでその人の心の奥深くに眠っている「使命感」に火をつける!
全ての人が持っている
「自分は何の為に生まれて来たのか?」
というDNAのスイッチをONにします

ぜひ聴いてみて下さい!!

※髙橋洋子さんは「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌を歌った人です
詳細はこちら
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

2015年のテーマ

今年のシャーマンワークのスケジュールをいま作成しています

今年のテーマは『陰陽統合』だと思います

表と裏、光と影、良い悪い、好き嫌い、長所短所、、、
といった2極に分離したものを統合していく流れ
それが宇宙規模で既に始まっていますが、
今年からそれが更に加速していく事でしょう
(この流れは数年続くと思います)

いま、世の中でおきている事、身の回りにおきている事、あなた自身におきている事、をもう一度良く見つめてみればそれがわかるでしょう

何故そのような流れがおきているか?
と言うと、人間には及びつかない程の大きな知恵を持った存在達が、地球と言う星を、人間が考えるよりももっと大きなバランスでの愛と調和の星に進化させていく為に、知恵を絞って計画した出来事の一部だと受け止めて下さい

「自分が思う常識」とはいつの時代でも「井の中の蛙」です
それよりも大きな世界がある、と謙虚に受け止める事がまず必要
そして起こる出来事に抵抗するよりも、その意味を冷静に見つめてみれば自ずと大きな世界の存在の意図に気付くはずです

そしてその大きな世界の存在に気付いたら、大きな愛のバランスを実現させるために自らの魂に従い生きていく人の事を「ライトワーカー」と呼ぶのです
見えぬ世界と交信する人が全てライトワーカーというわけではありませんし、
今の人間社会で評価される人が全てライトワーカーというわけでもありません

現段階では、固定概念や囚われを破り進んでいく「覚悟と勇気」をもった人が必要とされています
その事にコミットして、命をかけて生きる人は必ずや宇宙からのサポートを得られるでしょう

2極の分離・・
その始まりは人間としては男・女が生まれた時まで遡ります
ここを統合させるというか、男女に別れた本当の意味を悟る事こそが、大きな意味でのゴールというか、目的になると思います

もちろんその目的達成の道のりは一朝一夕では成し得ないでしょう
その為に一つひとつのステップを登っていく必要があるのです
そのステップの絶対不可欠な一つとして僕が知らされている事が
昨年からお伝えしている
『女性が真の意味での女性性に目覚める事』
なのです

以上を踏まえまして
今年のシャーマンワークの大きなテーマは
『男女の統合』
『女性性の目覚め』

にしようと思います

本来、幸せの実現とはそんなに難しい事ではありません
「女性が女性として持たされた最高の愛の形を発揮して生きる事」
が全ての女性の幸せでしょうし
「その女性に喜ばれる男性として生きる事」
が全ての男性の幸せであると思うのです

ワークの内容もそのように沿っていきますし
場所としては富士山がとても呼んでいます(笑)
高い場所、宇宙に繋がる場所も大切ですが
深い場所、地球に繋がる場所が特に呼んでいます(笑)

何故って?
そこが子宮だからです
自分が元居たところに戻って思い出すしか無いのです

「深い場所」に行くには「見たくない自分」に向き合う覚悟と強さが必要です
あなたも社会もそこに向き合わずに避けて来た結果が
お話ししている「2極の分離」を産み出したのですから
そこに向き合い統合していくしか道は無いのです

でもそれが「苦しい作業」だとは思わないで下さい
それは難しい事ではありません
それは心配する事でもありません
ちょっとしたコツを掴めば、案外すんなりとクリア出来るものです

とっておきの場所で僕しかできないとっておきのワークをします!

人間として未熟でありますし
至らぬところ多くある私ですが
『これまでにどの星でも実現出来なかった新しい愛と調和』
をこの地球で産み出していく為に命をかけてやっていきます
皆様よろしくお願いします

浅野重人

2015-01-13 13.47.31ss.jpg
「この世は映し鏡 映った面ではなく 映すものを見なさい」
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ