浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

鹿児島&奄美大島エネルギーワーク その4

浅野重人です

奄美&鹿児島エネルギーワークの4日目はフェリーで再び鹿児島に戻りました

今回のワークの目的の一つが
【火山のエネルギーラインの繋がりを復活させる】ことでした
先のブログに「山と山のエネルギーのライン」があると言いましたが、
火山や山どうしは地下で血管のように繋がっているのです
昔の人は、それを理解してその繋がりを「祈りで強くする」事をしていましたが、今はそのような人がほとんどいない為、その繋がりが弱くなっているのです

なぜ、祈りでそのような事ができるのか?
その理由は
【祈りをすること】とは【想いを現実化する】力を与えられた人間としての一つの役割なのです

「引き寄せの法則」
とか
「想いは現実化する」
という事を多くの人が語っていますが、その本当の意味・目的をまだほとんどの人は理解していません

人間が想像できる事、イメージできる事、は全て現実化する事が出来るのです

奄美から鹿児島に戻ってきて、その山のエネルギーを繋げる為に、始めにいったのが【桜島】です
桜島は今年に入ってから既に376回(!)の噴火を繰り返しています
DSCN0659s.jpg
その「血管」の先には「霧島」があり、さらに「阿蘇」があり、その先にも様々なポイントがあり、全ては「富士山」に繋がっています

桜島では祈りによって詰まっている、細くなっている「血管」の通りを良くして血流を良くしました
tukiyomis.jpg

次に向かった場所は九州本島の最南端【佐多岬】です
1日目に行った薩摩半島の南端「開聞岳」と、ここ大隅半島の最南端である佐多岬はセットで日本本土の南のゲートになっているのです
DSCN0677s.jpg
南端にある御崎神社には、遥か太古から我々と同じくエネルギーワークをしていた民族が祀られているのを感じました
DSCN0665s.jpg
「本土の最南端に光りの柱を立ててくれ」
と言ってきたガジュマルの木は祈りが終わると光で満ちあふれていました

4日間の納めとして霧島の高千穂河原に行きました
3年前にも訪れているこの場所は天孫降臨の神話にもなっている聖地ですが、今回は得に素晴らしかったです
完全に「お人払い」がなされ、周辺には人が誰もいない状態で、下からも上からもあらゆる存在が見守ってくれているのを全員が感じる程の神聖な空間が用意されていました
DSCN0698s.jpg
祈りの最中に「上を見て下さい」と言われたので目を開けて頭上を見ると、見る事は出来ないのですが凄く近くに何かがあるのを感じました
仲間が撮ってくれた写真には沢山のエネルギー体が映っています
kirisima.jpg

IMG_1081s.jpg

正直、一日の行程としてはあり得ないほど移動距離の長いハードなスケジュールでしたが(佐多岬の往復は車で5時間以上かかった!)、全てがキッチリと時間どうりに進み、夜7時発の飛行機に間に合いました
神様の計らいというのはやはり凄い・・とあらためて実感しました

IMG_1087s.jpg
4日間の祈りの旅が終わりました
4日間がまるで3ヶ月間に感じる程、濃い時間でした
permalink * comments(1) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ