浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

鹿児島&奄美大島エネルギーワーク その1

浅野重人です

3/12の祈りあわせにご一緒いただいた皆様ありがとうございました

いかがでしたか?
世界中で同じ時刻に祈っている仲間がいましたので、その繋がりを感じた人も多かったのではないかと思います

僕は3/11〜14日まで鹿児島と奄美大島に行っていました
まるで一ヶ月間と感じるような、あり得ないほど濃〜い4日間でした

その中で
3月11日 14時46分には鹿児島の枕崎・火之神公園の立神岩で
3月12日 14時12分には奄美大島の最高峰・湯湾岳で祈りました

3月11日早朝の鹿児島行きの飛行機は、富士山、熊野の山脈、四国室戸岬-剣山-鳥取大山のライン、鹿児島霧島と桜島のライン等、大切な場所だけ雲間が晴れ、姿を現します
DSCN0459s.jpg
DSCN0469s.jpg
これらは「レイライン」とも言われますが、地球には人間が創った物では無い、山や岬など土地同士のエネルギーのネットワークというものが存在するのです

鹿児島に到着して、まずは薩摩国の一宮「枚聞神社」にご挨拶と報告です
どこかに行ったら、その国の一宮に挨拶をするのが「筋」だからです
DSCN0481s.jpg
ここのご神体は後ろにそびえる山「開聞岳」ですが、由緒書きにあるよりも遥かに太古より「沖縄や奄美を経由して南方から入ってきた民族」がご先祖として祀られているのを感じます
しかし、それは表向きには決して記されてはいません
いつの時代も「歴史は勝者によって書き換えられる」からです
しかし新しい価値観への方向転換が求められる今こそ、過去の歴史を知る事が大切だと思います

次にピラミッド型の開聞岳に行きました
bcd382ce6cb3c054e5ae038159bd74bb.jpg
「薩摩富士」と言われるこの山こそが、日本のエネルギーの南の門を解放するスイッチになっています

14時46分には鹿児島の枕崎・火之神公園の立神岩に行きました
20120312050225.jpg
初めてここに行きビックリしましたが、ここは陰と陽のエネルギーが交差する、とんでもないパワースポットでした
蝋燭型の立神岩には宇宙のエネルギーがダイレクトに降りています。

東日本大震災から一年のこの日この時、
なぜこの場所に行きなさいとメッセージが降りたのかが分かりました

善と悪
男と女 
表と裏
右と左
陰と陽
光と影
日と月
火と水

「すべてを一つに統合して光にしなさい」
という事でした 
世の中も、自分のこころも、自分の過去も
許し、一つにして、新しいものを生み出す
それが出来る場所だからこそ、この日この時にこの場所で、お祈りをしたのだと分かりました

20分くらい祈りました
僕には大きな勾玉のような銀河、宇宙が見えました
韓国の陰陽マークのような銀河がゆっくりと廻り回って光と影が、白と黒が混ざりあっていきました
無意識に下から上、上から下、とゆっくりしたリズムで呼吸をするたびに、また陰と陽のエネルギーが混ざりあいました

14時46分になると(眼を瞑っていてもサイレンが鳴ったのでそれが分かりました)一瞬、目の前が真っ暗になり、悲しみの感情が沸き出し、嗚咽しそうになりました
「ああ、これが全体の集合意識なのだな」
とわかりました

僕は「ありがとうございます」
と言う言葉とともにそれをも一つに統合して祈ると、
また「感謝」「愛」の感情に戻りました

自分にも、世の中にも
過去にあった全ての事
その全てを認め、今の自分がある事に感謝する事

それこそが未来を築いていく事を託された我々がするべき最初の一歩なのだと思います
DSCN0718s.jpg

シャーマンワークin 伊豆(3/24-25)参加者募集中

一泊二日で自然の中に入り、本来持っているナチュラルな心の状態を取り戻します
その状態で自分自身と向き合えば、今の自分に必要なことに気づく事ができます

「仕事や現実が忙しい!!!!」と言う人ほどオススメします
「忙しい」とは読んで字のごとく「心」を「亡くして」いるからです

情報過多や、やらねばいけない事でパンパンになった状態で突き進んでも
結局は効率が悪く不完全な結果に行き着きます
それよりも勇気を持って時間を計画して確保して
本来の自分自身を定期的に取り戻し
なるべくフラットな状態で仕事や現実をする事のほうが、
結果的には現実が上手く廻るようになります

自分の感覚を認識する力を「知覚力」と言います
このワークを通じて自分の感覚やこころと向き合い
現代人に弱りがちな知覚力を鍛えます

詳しくはWebにて

日時:2012年3月24&25日(一泊二日)
場所:静岡県伊豆
受講費:30,000円(宿泊代含む)
申込・問合先:浅野重人
( Eメール) info@asanoshigeto.com

<<2012年上半期スケジュール>>
○第1回:1月28&29日
○第2回:2月25&26日
○第3回:3月24&25日
○第4回:4月21&22日
○第5回:5月26&27日
○第6回:6月16&17日
(いずれも土・日)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ