浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

巨人が強い理由

巨人が33回目のペナントレース優勝でペナント3連覇しましたね

そうか、333かぁ、とか感心してしまいましたが、今年の巨人は本当に強かったです

なぜ強いのか?
先日の優勝した試合を見てその秘訣がよく分かりました

優勝がきまったあとに全員が喜んではいましたが、まったく緊張感が抜けていないのです。
普通は140試合もの長丁場を通して達成したわけですから、達成感からくる脱力が見える物ですが今年の巨人はまったくエネルギーが切れていないのです

ああ、このチームは日本一になるまでこのエネルギーは切れる事はないだろうなあと思いました

それは原監督がコメントした【我々には明確な目標がある】との言葉に現れています

恐らくシーズンはじめからチームの目標が「ペナントレース優勝」でも「セリーグ優勝」でもなく、「日本一」という明確な目標を掲げ、繰り返し繰り返し確認する事で監督コーチ選手はおろか、雑用スタッフまでもそれを共有しているのだと思います

それを全員が腹の底から理解しているからこそ一人一人のプレーや発言にもその事が現れています。

【自己犠牲の精神】ともいっていましたが全員が明確な目標をもっているので【自分のためではなく、チームのためにやることが最大限自分のため】ということを分かっているのです

よく「巨人は金ばかりかけてよい選手が沢山いるから勝って当たり前」と言われますが、その考えは浅はかだと思います
実は戦力が強いからといって勝つことが簡単という訳ではないのです!!

戦力が強ければ強いほどそれを統率する事はもの凄く大変な事なのです
我が強い選手達をまとめる為にはそれよりも強いリーダーシップが必要ですから

このチームを作り上げた原監督は本当に凄い!と思います
僕は原監督は次世代型のリーダーだと思っています
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

チームテイケイのカメラマン

99年に初めて世界大会に出場した時以来我々を追いかけてくれているビデオカメラマンの西川茂樹氏がSonyのホームページで紹介されています
西川氏は1年のうちの300日は海外に滞在するまさに『世界を股にかける男』です

『まめカム』という小型カメラを加工してラフティングボートに取り付け、ボートの中からの迫力の映像を撮影する事に成功しました
その動画もご覧下さい

海外遠征時にはカメラだけではなく機材が壊れたときも色々な工夫をして修復してくれる我々チームにとって欠かせないアイディアマンです(スケベだが)

ところで大型連休に突入してあちこち渋滞しているみたいです
こんなときは我々はじっと平塚に滞在して練習の毎日です
img_03.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

天竜川

週末は長野県飯田市を流れる天竜川でのラフティング・ジャパンカップ4戦に参戦しました
新生チーム・テイケイにとっては初の4人乗りでのダウンリバーレース
チーム全員でボートを進めていない時間がまだ多く課題が多い感じではありましたが、試合には優勝する事が出来ました

次の大会はいよいよ10月に開催されるオランダでのプレ・世界大会、そしてその後は世界大会の国内選抜大会が11月に東京奥多摩の多摩川で行われます

あっと言う間だわ

新チーム体制発足から2ヶ月が経過
良い意味でも悪い意味でもそろそろパターンが出来始めているのでまずはそれをぶち壊し、もう一度ガチッとチーム意識を固めようと思います

20090912.jpg
※大雨のため橋の下に避難してご飯
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

古代に学ぶ

9月5、6日と長野県茅野市で開催された「イワクラサミット2009」に参加してきました
01.jpg

『イワクラ』とは地球が縄文時代やもっと以前の古代の時代から宇宙のエネルギーを下ろしたり祭祀などの対象となっている岩の事です

ラフティングのフィールドである川にはあちこちに岩がゴロゴロあるわけで、岩とは長い付き合いですが(笑)、特に一年くらい前から岩が持つエネルギーを敏感に感じる体になってきました。

『石とは意思である』と教えられましたが、河原に転がっている石ころ一つ一つにもそれぞれ違うエネルギーがあります。人間と同じ様に石にも一つ一つ性格がありどれ一つとして同じものは無いのですね。
それら石の中でも特に強力なエネルギーを持っているものが『イワクラ』だと言えます

よく言われる「パワースポット」の一種でもありますが、強力なエネルギーを持つ岩の近くにいると、活力がみなぎってきたり、優しい気持ちで満たされたりします。ときには頭では理解できないけどもの凄い情報が一気に入ってきて頭がクラクラと目眩いがするときもあります

現代の様に物が溢れていなかった古代には必要な情報を岩や木などの自然の対象物に蓄えたり、そこから情報を引き出すスキルがあったのだと思います

『イワクラサミット』では各方面の専門家が集まり縄文時代についてのシンポジウムも行われました。
なかには「となりのトトロ」のサツキとメイのお父さんのモデルになったとも言われる藤森照信・東大教授もいて凄く好奇心をそそられる面白いお話を聞く事が出来ました

縄文時代は人も自然も動物も神も共生していた時代です
共存・共栄こそがテーマのこれからの時代こそ、縄文時代に学ぶ事は多いと確信しました!
_1_medium.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

馬入の渡しイベント

夏休み最後の週末となった29日(土)に我々ラフティングチームの練習場所である相模川河口<馬入>で平塚市のイベントが開催されました
いつもここで練習をしている我々もラフティングの体験会を主催し、地元の方々等約400人がラフティングを体験しました
参加された皆さん、これからは我々ラフティングボートを見たら声援をくださいね〜

画像-0032.jpg
大盛況で長蛇の列でした

****メディア露出報告****

現在発売中の雑誌【Tarzan541号】
tarzan.jpg
ボスニア世界大会の記事。ぜひご覧ください〜

ニュースリリース作成しました
【PaddleHard13号】はこちらから
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ