浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

熊野のパワースポットその4【玉置神社】

前日湯の峰温泉で頂いたメッセージを受け、急遽予定を変更して「玉置神社」に行く事にしました

ここは相当山奥にあり秘境ムード満点です
そのムードと昨日聞いた話を想像し、最初はかなりワクワクドキドキして車を走らせていましたが、あれれ?、近づけば近づくほど自分の体が重くなってきます・・

聖地、パワースポットと言われるエネルギー(氣)が強い場所では体が重くなる事はよくありますが、今回の場合は聖域のまわりを守る沢山の存在が何か訴えてきているようです
そこから感じるメッセージは「ようこそいらっしゃい!」よりも、「お前は何の為に来た!?」というものの方が強いです
山道は狭くあちこちに落石の跡があり、少しでも無礼な態度を見せれば石が落ちてくる様な気配すら感じます

ここはうわついた気持ちで来るべき場所では無い!!
今でこそ車という交通手段がありますが、それが無い時代にここに来る事は想像を絶する苦労だったでしょう
何よりも「熊野信仰の奥の院」と言われている様に、本当は限られた人間しかくる事を許されない聖域だったのだと思います

その事を理解した上で、「自分はこれから世のお役に立つ為に働く事を誓っております、その為に参らせていただきます」という謙虚さ&強い意志で応えました

沖縄の聖地にも同じ様な強いエネルギーの場所がありますが、このような場所に中途半端な心構えで来ると大変な事になります

その「試練」を乗り越えたどり着いた玉置神社は別次元の場所でした
あまりにも気持ちが良かったのでずっと居たい程でしたがもれなく「ここは自分がいる場所では無い」と感じました
人間界より遥かに次元が高い「天界」を少しの間体感させてもらった気がします
いつかそのような所に自分が到達する事を目指し、今の自分が現実で出来る事をする事が全てだと悟りました

人生は登山と同じ
ただ上を目指しゆっくりでも良いから一歩一歩登って行く事である
何処までも何処までも高みがあることを教えてくれた素敵な場所でした
ありがとうございます!
IMG_0010.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

熊野のパワースポットその3【湯の峰温泉】

チームで熊野本宮大社と大斎原に行った翌日は「湯の峰温泉」に行きました
ここは熊野詣での湯垢離場(ゆごりば)として体を清める場所と言われる由緒ある温泉です
yunomine1131.jpg

僕は根っからの温泉好きですがここのお湯には驚きました
僕の場合、単純温泉とか、pHなんとか、とか温泉の成分がどうとかいうよりもその温泉のエネルギーが体に良いかどうかが体感で分かります
ここのお湯は前日に痛めた足の甲を含めて湯に入った瞬間に体に効いていくのがはっきりと分かりました
感覚的には細胞組織が急速に蘇生されて行く感じです
そのような温泉は沢山ありますがここまで速く「効いている」程のお湯はあまり無いと思います
1-1-samashi.jpg
源泉の温泉を水を加えずに冷まして出す、という徹底的に泉質にこだわったポリシーが大好きです

そしてこの温泉はもうひとつ僕にギフトをくれました
偶然この温泉で出会った旅行者の男性と話していた時の事です
僕と彼は今日はどこそこに行った、とか、今まで行った場所であそこが良かった、などとたわいのない情報交換をしていましたが彼が突然「何となく今までの話をしていてあなたは玉置神社(たまきじんじゃ)に行ったほうが良い気がします」と言ってきたのです

僕は彼の言葉に完全な導きを感じましたので「そこはどういう所ですか?」と訪ねました
曰く「玉置神社は熊野三山の奥の院とも言われている所で他にはない一種独特な聖なる雰囲気に包まれていますよ、まあ口で説明するのは難しいがあなたなら行ってみれば分かると思います」とのこと

当初の予定では翌日は那智に行く予定でしたが、その話を聞いてしまったからにはどうしてもその場所に行きたくなりました
宿に戻ってネットで「玉置神社」を調べているとその神紋と自分が泊まっている宿の家紋が同じである事に気がつきました
宿の番頭さんに聞くと「たまたまですよ」と笑っていましたが、更に自分の入った温泉の名が「環湯(たまきゆ)」だったので今度はこっちが笑ってしまいました

皆さんにも心からわかっていただきたいことがあります
こんな風に「自分の進むべき道」というのはいつでも導きのサインが送られているものなのです
それに気付いていなかったり、気付いても「偶然だよ」で片付けている人がほとんどなのですが、このアンテナに素直に従う事がどれほど自分の人生を楽に進めてくれたか・・数えればキリがありません!!
少なくとも、そのことがわかってからここ数年は全部そのアンテナ任せと言っても過言ではありません(笑)しかも素直になればなるほどアンテナが研ぎすまされていきますからね

もう一度言います

自分は見えない存在に守られ導かれている事を知ると人生「スムーズ」になります!

と、言う訳で翌日は玉置神社に行く事にしました
その話はまた後日!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

NHK国際放送とラジオ放送のお知らせ

NHK国際放送が海外約130カ国に放送しているNHK番組でチームテイケイが特集されています
残念ながら国内では観ることが出来ないのですが、現在NHKがインターネット・オンデマンドで放映していますのでご覧下さい
NHK WORLD
約一週間は視聴できます

またFM湘南ナパサ【FM78.3】
「この人と60分」
9月4日(土) 9:00~10:00
9月7日(火)15:00~16:00(再)

放送されますので聴いて下さいね〜
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

9月のエネルギーを読む

いよいよ今日から9月
子供達も新学期が始まり登校して行く姿に新たな始まりを感じますが、昨日までの8月とは全く違うエネルギーに変わった事を感じています

僕の場合、自分が何かに気付く必要がある時は必ず夜中に起こされます
夜中の1時とか、2時とかいった時間に文字通りパッと「叩き起こされ」
目が覚めて眠気もなくなります
寝たくても寝れないのは結構辛いです

そういう時は
「自分が何に気付く必要がありますか?」
と自分自身に問いかけるとその答えが閃いてきます

これからの「夢・目標・やりたい事」に近づく為に「やるべき事」を完了させる必要があると気付かされました
「あまりやりたくない、気が進まないので見て見ぬ振りをしている事」ってありますよね?
大きな事も小さなことも・・
「それをしない事には変われないよ!」って言われました・・

まあ、これは僕の場合の話ですが、これを読んでくれている皆さんにも当てはまる所があると感じています

どちらにしても9月から【大きな変化のエネルギー】が流れてくると思います
どんな人にも成長、進化する為に【変わらざるを得ない出来事】が起ると思います


すこし辛い事もあるかもしれませんが大丈夫です!
全て今より良くなる為に必要な出来事なのだから前向きに捉えて一つ一つやるべき事をして行く事で良いのだと思いますね
自分に出来ない事が起るはずは無いのですから・・

すべては自分の気持ちひとつです
毎日毎日喜びを持って過ごして行きましょう!
permalink * comments(1) * trackbacks(0) * Edit

熊野のパワースポットその2 【熊野本宮大社と大斎原】

熊野速玉大社に行った翌日はチームの皆と練習後に熊野本宮大社を詣でました
250px-Shrine_Kumano_hongu_torii01.jpg
ここも素晴らしいお社なのですが、私は何と言っても、ここより徒歩で数分のところにある大斎原(おおゆのはら)という場所に感動しました
080-1.JPG
巨大な鳥居が目印です
ここは、熊野川・音無川・岩田川の3つの川の合流点にあり、明治22年の洪水まで熊野本宮大社はここにありました
しかし、お社が無くなった今でもそのエネルギーが残っているのを感じます
080-6.JPG
鳥居をくぐると急に懐かしい感じがしてきました
ふるさとのおばあちゃんの所に戻ったような優しいエネルギーに満ち満ちてます
DownloadedFile.jpeg
こちらの神様は自分に「川も山も水も自然があなたに力をお貸しします」とお言葉を下さいました

そして何とこの日は「八咫の火祭り」というお祭りの日でした
IMG_0041.jpg
IMG_0049.jpg
本社の火をこの地まで運んできます
そして、最後は神様に太鼓を奉納します
素晴らしいお祭りですね!
IMG_0069.jpg
途中パラパラと雨が降って来て神様が喜んでいるのを感じました
最高の舞台に我々ラフティングチームが招待された事に幸せを感じました
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ