浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

チーム・テイケイ納会旅行でHappy!

浅野重人です
今週末は伊豆でラフティングチーム・テイケイの納会旅行がありました

sec1_img1.jpg
ジャングル風呂

IMG_0682s.jpg
選手と家族が全員集結

IMG_0721s.jpg
2次会はカラオケで盛り上がり
IMG_0706s.jpg
IMG_0702s.jpg
IMG_0701s.jpg
IMG_0697s.jpg
IMG_0699s.jpg

2011年のラフティングチーム・テイケイ
世界大会2連覇
素晴らしい結果が納められたのも皆で一丸となって頑張った結果です
一年間ありがとうございます!


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

週末

昨日一昨日はしばらくぶりにゆったりした週末を過ごせました

tahiti.jpg
タヒチアンダンスを観て

IMG_0648s.jpg
まだ早かったけどもみじのライトアップは奇麗かった

oiso02.JPG
大磯プリンスホテルの風呂
月に一回は防水ノート片手にここに来ます
なぜなら・・
眼下の太平洋にある伊豆大島を眺めながら、ここのお風呂にボケーッと風呂に浸かっていると、面白いくらいインスピレーションが浮かんでくる
やりたい事、そのやり方も明確に浮かんできます
それを忘れないうちにメモっておいて、あとで整理してから自分の計画に書きこみます(これをしないとすぐに忘れます!)
あとはコツコツとやるべき事をする
一年たってそのメモにある過去の目標を見返すとたいていは実現しています
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

お酉様

生まれてから初めて酉の市というものに行きました

一年程前から「アメノヒワシノミコト」という神様と大変ご縁が深くなり、行く場所場所でその神様に呼ばれるのです
当初は「一体何?」と思っていたけど今ではだいぶその意味もわかってきました
日本の精神性を創ったとも言える、とてもとても大きな神様です

表向きには決してそのようになっていませんが、調べていくと酉の市とは、もともとはこの神様を祀るお祭りみたいなものだと知りました

otori2.jpg
地元にあるとても小さな神社だったけど気持ちえがった

otori1.jpg
嬉しがって熊手も購入!

プロ野球は龍(ドラゴンズ)と鷹(ホークス)がぶつかり、鷹が勝ちました
地球が龍の次元から鳥(鳳凰)の次元へと変わって行く感じがしています

来年は辰年、龍の年ですけどねっ!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

2012年の波に上手く乗るには その2

浅野重人です

さて前回のメッセージで
「2012年は今年以上にとんでもなく変化が訪れる年になる」
ということを言いました

今までに無い大きな、そして速い波に乗れるかどうかにはコツがあります

それは「心の状態を常にフラットにしておく事」です

フラットって何?
て思うかもしれません
詳しくは僕の本「どん底から世界一」を読んで下さい(笑)

フラットな心の状態を簡単にいうと
「心のなかに何も引っかかる事がない、気になる事がない」状態です
メンタルの世界、見えない世界においてはこの
「気になる事、引っかかる事」
が全て「新しいエネルギーを取り入れる事を阻害する要素」なのです

自分の器がコップだと想像して下さい
そのコップに新しい水を取り入れるとします
しかしそのコップに古い水が入っていたら
新しい水を取り入れる事は出来ませんよね?

まずは古い水を捨てなければいかんのです
その古い水とは
「今、気になっている事、やったほうが良い事」
なのです

だから今心の中にある
「やったほうがいい事」
「気になる事」
を出来る限りすべてやる事が、まず始めにするべき事です

そうすると心がゆったりするでしょう
それが心の「フラットな状態」です

その状態で自分の未来の可能性にワクワクしながら
「2012年は何がしたいか?何をしようか?」
そう自分自身に問いかけると
ドンドン現実化させる事が可能な想像が心の奥から湧いてきます

これは僕がずっと行っている夢を達成させる訓練です

2012年はこの「フラットな心」で
ものごとを観て、
何が大切かを判断して、
自分の行動を決める

その習慣を身につけて波に乗っていきましょう!

その3に続く・・

20080510 のコピー.jpg
宇宙飛行士毛利さんのことば

******************************************************
【お知らせ】
11月26日(土) 1330〜1430
大磯エピナールにて
妻の参加するグループTu NeheNeheが<タヒチアンダンス>を行いま〜す
是非お越し下さい

2011AutumnSharetop.gif
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

「自分の魂の目的に気づく」ネイチャーワーク開催

11月19日&20日は伊豆でネイチャーワークを開催しました

川、石、木、植物、虫、動物、そして水・・
自然界にある全てに宿っているエネルギーを体感し、
それらを自らの体に取り入れ、
日常の中で、仕事で、人間関係で、それらを有効に使う為のワークです

DSC_1081.jpg
木には一本一本性格があり、それぞれが違うエネルギーを発しています

DSC_1151aa.jpg
ある少しのコツを知ったあとに、心を静かにしてそれを感じると誰でもそれを感じる事ができます

そして、更に感じていくと木の一本一本が単体ではなく、全ての木にはエネルギーのリンクがあり、お互いに繋がりあっている事がわかります

更には木だけではなく、そこにある岩や植物にいたるまでもが、お互いに支えあって成り立っている事がわかります

【全てはひとつ】

最近色々なところで言われている言葉ですよね
でもその言葉をどれくらい理解しているでしょうか?
その事をただ単に理屈ではなく、本当の意味で「ハラの底から」理解するには自然に力を貸してもらい、自然から教えてもらう事が最も速いですね

DSC_1149.jpg
ここはとても高い水のエネルギーが存在する水の聖地です

IMG_0608 のコピー.JPG
ある人が心をオープンにして写真を撮るとこのような写真が撮れました
これはこの場所の水の神様(水の精霊)がエネルギー体となり、写真で現れている証拠です

今回は「美しい紅葉を見に行く!」
という目的もあったのですが、残念ながら先の台風の影響で樹木の葉はほとんどが飛び散ってしまっていました
しかし、そんな中に見つけた一本の木がこれ
DSC_1107.jpg
参加者の一人が言いました
「沢山あるとその良さに気づかないですよね・・でも一輪だけそこにある事によって、よりその美しさが身にしみる。これがわび、さびの精神なのですね!」

こういう大切なことも自然は教えてくれてメッセージを送ってくれます
さらにそのメッセージを受け取った人の言葉によって皆が気づく事ができます
だからチームの力は凄いのです!

何度も何度もテストを重ねて行った今回のワークですが、正直言って
「あり得ないほど、濃い内容」
になりました

「見えないものを感じて自らの心に問いかける習慣」
をつけていくと、本当に自分の深い深い部分に気づく事が出来るようになります

「世界一になりたい!」
「お金持ちになりたい!」
「売り上げを達成したい!」

とか、そんな浅〜い目的ではなく
自分の心の奥にある
「魂の目的」
に気づく事ができると言う事がわかりました

参加者はただ単にパワーチャージが出来た・・
というだけではなくその後の生活が、考え方が、生き方が変わった
という体験をします

僕はこのワークを使って素敵な人を増やしていきたい!
世の中を良くしていきたい!
と本気で思っています

それが僕の次の夢であり、チャレンジなのです

今後もこのワークは続けていきますのでお楽しみに!
permalink * comments(3) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131

このページの先頭へ