浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

石垣島シャーマンワーク4「ウタキの注意点」

7/6〜13まで、八重山(石垣島)に行っておりました
6日間の石垣島滞在で【33カ所】の聖地を祈り巡った、もの凄い宇宙神事でした
その体験をブログで綴っていきたいと思います

石垣島に来て、石垣島の神々に厳しい対応をされてきましたが
川平湾の祈りを終えると一気に空気が変わりました
石垣島の神々が我々を認めて下さったのです

この川平という場所は有名な観光地ですが
土地の人々が神様を大切にする姿も素晴らしく
古くからの聖地である御嶽(うたき)が大切に護られています

我々は、川平湾での素晴らしい龍宮祈りをさせていただいた御礼をする為に
川平地区にある4つの御嶽にご挨拶させていただく事にしました
2015-07-08 19.21.01 のコピー.jpg
この『赤イロ目宮鳥御嶽(アカイロメミヤトリオン)』
は個人的にとても思い入れのあるウタキです
何を隠そう、まだ僕がウタキの事など何も知らなかった約9年前に
家族旅行で石垣島に訪れ、初めて目にしたのがここだったのです

「見えない世界」の事など何もわからなかった当時の僕でさえ
このウタキの鳥居の向こうには、ただならない圧力を感じました

「ここには入ってはいけない」
僕の心の声がそう言っているのがわかりました

沖縄でも、宮古諸島でも、八重山(石垣島)でも
旅行者は御嶽(ウタキ)に入ってはいけない!


・・・という事を忘れないで下さい

通常ウタキに入る事が許されているのは
その場所を護る事を任命された、司(つかさ)といわれる女性だけであり、
それ以外の人は地元の人でも入れないものなのです

誰でも中に入れる本土の神社と違って
ウタキとは徹底したエネルギー管理されている聖域だからです
誰かが入るだけで、その場所のエネルギーが変わってしまうからです

僕らは鳥居の外からお供え物をお盆に広げ
この場所に導いていただいた事、祈りをさせていただいた事
そしてこの場所を護って下さっている存在達に感謝の言葉を唱えていました

するとあちこちから見られている、視線を感じました
「あいつら何してるんだ?」
旅行者の視線もそうですが、地元の人の視線も感じます

僕は今まで何100カ所とウタキを巡っているので、そんな視線には慣れっこです
「真剣に祈る事」
それで全てが伝わるとわかっているからです

でも、シャーマンワーク参加者の方々は色々な思いがあったと思います
恥ずかしかったり、後ろめたかったり、したと思います

祈りが終わると軽トラックに乗った男性が凄い勢いで近づいてきました
明らかに訝しげな視線で我々を睨んでいます

男性は我々に近づいて来て
「何をしているのですか?」
そう聞いてきました

僕はこの男性が、この場所の神様の使いだと直感的にわかりました
なので

「この場所に来させていただき、
ここの自然を堪能させていただいた御礼を
神様にさせていただきました」


と伝えました

するとその男性は一転して、険しかった顔を一気に緩ませて
「そうか!それはありがとう!」
と言って頭を下げられました

恐縮して我々も頭を下げると

「あなた達がやっている事は筋(すじ)ですよ」

で始まり

「沢山の人が観光で川平湾を訪れる。我々もとても有り難い事だが、ウタキに無許可で入って勝手な事をしたりする人も多い。土地のマナーとかルールも伝えて行かなければいけないんです」

と語り始めました

僕は

「観光もリゾートも良いけど、ご先祖や自然に感謝するウタキのような場所は本土には無いんです。
物が豊かでも、心が豊かで無い人が多いのです。
だからそういう大切なものが石垣島にはあると言う事を
我々が忘れてしまっているものがここにあると言う事を
これから伝えて行きたいと思っているのですよ」


と伝えました

すると

「その通りだ!ありがとう!あんたはきっと成功するよ!」

と言って固く手を握ってくれました

「サブローおじ」と名乗ったその方は連絡先を教えてくれました
石垣島の神様に、次に繋がるご縁をいただいたのです
次にここに来た時はまた、お会いしたいと思います

沖縄でも、宮古島でも、
同じような体験を何度も繰り返してきての今に至っています
こう言う喜びがあるから、祈りはやめられません

神様が人間を借りて言葉を発する事を
「神ことば」
と言います

神様は必ずいつも見ています
そして
『自分を信じて進む事』
の大切さと素晴らしさを教えてくれているのです



2015-07-08 19.26.25.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ