浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

パラオ・魂覚醒の旅8「参加者の体験談2」

関西・シャーマンワークオフ会&
奈良天川シャーマンワーク

1901679_796910093688147_7789703866989403598_n.jpg
今年最後の『関西オフ会』そして『シャーマンワーク1DAY』を開催します。どなた様もふるってご参加ください!
概要
【12/6(土)関西シャーマンワークオフ会】
日時:2014年12月6日(土)19:30~22:30
場所:大阪市西区江戸堀1-19-23 長崎ビル102
   →地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅より徒歩3分
内容:今年のシャーマンワークのスライドや報告会、メッセージ等
会費:4,500円(フード&ドリンク込み)
お問い合わせ&申込:shamanworkoff@gmail.com

【12/7(日)シャーマンワーク1DAY 奈良天川】
日時:2014年12月7日(日)0900〜1600
場所:奈良県天川村周辺
参加費:21,600円(現地移動費込み。昼食及び現地までの交通費は別)
お問い合わせ&申込:こちら
シャーマンワーク1DAYの場所は奈良の天河弁財天及びその周辺です。
今回はとても大切な宇宙神事を行う事が決まっていますので参加人数を限定します。本当の「祈り」を体感したい人は是非ご連絡ください

魂・覚醒の旅 in 沖縄】開催のお知らせ
2013-09-28 12.50.25ss.jpg

【2/20~22 魂・覚醒の旅 in 沖縄 ヒヌカン編】
詳しくはこちら


9/25-10/1まで
『シャーマンワーク・魂 覚醒の旅』
でパラオ共和国に行きました
そのレポートを何回かに分けてブログで綴っています

パラオ・魂覚醒の旅1「パラオに行く理由」
パラオ・魂覚醒の旅2「自分の水を意識する」
パラオ・魂覚醒の旅3「天の仕組み」
パラオ・魂覚醒の旅4「祈りとは命をかけること」
パラオ・魂覚醒の旅5「ペリリューの祈り」
パラオ・魂覚醒の旅6「先人の思い」
パラオ・魂覚醒の旅7「参加者の体験談1」

『シャーマンワーク 魂覚醒の旅 in パラオ』
に参加してくれた方々が体験談を書いてくれましたので
それを抜粋して掲載します

林朋子さん

本当に貴重で素晴らしい、そして愛の“覚醒の旅”になりました!

毎日、美しい海へ!
“天然の本当の海は、透明でべた付かず匂いがない。”と訊きますが、
本当にその通りです。

パラオの魅力がぎゅっと詰まった名所を満喫。
無人島ツアー、・世界遺産のジェリーフィッシュレイクと全身ぞくぞくした神秘的な空気感の森、
目を奪われるロックアイランドと海のさまざまな天然色と景色
(スカイブルー、コバルト、ターコイズ、エメラルドグリーン、、等々)
シュノーケル&素潜り、SAP、ローーングビーチ、ミルキーウェイの天然泥パック体験、
激しい船揺れでキャーキャーと全身水浴び、
ビーチで太陽と海風に身を委ね、
神聖な大滝での浄化、石のサークルを体感したり・・・
南洋の大自然と素朴な人々に包まれて、とっても“キモチイイーーー!“開放的で贅沢な時を心ゆくまで満喫しました。
IMG_2712xx.jpg

シャーマンワークならではの“ご神事”
今回は英霊の御霊上げと、新しい時代を拓く祈り(推測)”が大切な目的。

旅の前に、パラオは親日国で日本は愛されていることや大戦激戦地の歴史を知り、先人達の思いに馳せました。
現地では、島の北端・灯台跡と南のペリリュー島で祈りました。
特に女性は、母のようにすべてを受け容れ、癒し、慈悲慈愛の思いで包み込むこともメッセージで求められました。
北端では、丘上の北の海の見晴らし良い所で、砲弾で破壊された廃墟や残骸は生々しいまま。
戦いの激しさ・はるか遠い南洋から日本を護るために戦った英霊達の思いを感じ入り、
祖国で会いたかった家族・女性のように包みこみ感謝の思いを捧げました。
海上に光の道その先に太陽が上るビジョンを感じ、祈りが通ったのを感じました。
南の激戦地ペリリュー島での祈りは、上陸までの荒れ狂う海の天気に翻弄され
重さんは“神事は命を懸けている”のを肌身で感じ、私も新たに気持ちが入りました。
暗雲沸き試されるようなスコール!!
全身ずぶ濡れ、眼も開け難いほどの大雨が“痛い!!“(重さん曰く“銃弾の雨”)
船はゆりかごのように大揺れで、プロが海路を見失うほど・・・
その時に仲間の“しっかり目を開けて見よ”のメッセージあり、海上には放置されたままの錆びきった沈没船がそのままに。。
「漂流する難民」、「抗わず耐え忍ぶしかない」、そして「すべてを神様に委ねる」など次々に心境も変わり
兵士達が経験したことを凄まじい暴風雨の中を行く形(命の別状ない絶対安全な・・)体験させられました。
祈りの前に、博物館(日本とアメリカ両国の遺品多く残る)や戦跡を訪ねて、大戦の惨禍とともに
当時の人達も本当はわかっている筈の“平和的な解決”の大切さを感じました。
・オレンジビーチでの祈り
祈りが始まると体が重たく上半身が折れ曲がり、辛い・悲しい・苦しいような心情にどんどんなってきました。
そんな中でも、すべてを受け容れ抱擁し愛に変えることに意図・光を当て続け、
私の肉体すべてを使ってできることは“愛しかない”、“どんな時でも愛を選びます! 愛を選ぶことしかできない!”必死さの中で自分の思いを知りました。
重さんの“僕の背中に触れて。”の声で触れると、肚から胸から泣けてきました。
また、後ろからの男性の支えのお蔭で、“見えなくても誰かに支えられている”思いもしました。
・ペリリュー神社・洞窟での祈り
ペリリュー神社ではすでに祈り祀られているのを感じながら、慈愛の思いでいました。
中川大佐の最期の洞窟では、長としての意志・視座の高さと視野の広さの感じる思いが伝わってくるようでした。
重さんのメッセージの趣旨
「日本を護るためには、強い意志・大義が必要。一方また、相手を尊重し理解することも必要。
意志を通そうとすると、相手の意志と時にぶつかる。
お互い違うのだから、理解しあえるように十分に話し合うこと。それは、先人から受け継いだ知恵」
の時に、二つの棒みたいなもの(意志を強く持つことと、相手の立場を尊重し理解に努めることの二つ)を渡された思いがして、“この2つを使い新しく3の形を作ります”と受けとめました。
・山の上での祈り
南方の海の見晴らし良く、大神島の山頂や伊良部島を思い出しました。
宇宙神事は、私にとっては明るく感じるもので、頭上の太陽から“てぃだの子どもだった・・”という感覚がふっと湧き
太陽のことをもっと好きになりました。

100年程前の日本人の精神性は現代とはだいぶ違うのではないか?
という思いと、
“生かされてる思い”と今まで乏しかった“日本人の誇り”、
私も“受け継いで伝えて行く自覚”が芽生えました。

帰国直後の今、“生まれ変わりのチャンスの2014年に、ほんとうに生まれ変わる“予感しています。
感じ方・惹かれるものが変わってきたり、
イマジンの歌のように幸せなビジョンを描いて、黒目で活き活きと生きることを強く望んでいます。

IMG_2954zz.jpg
【シャーマンワーク開催日程】


シャーマンワークは20年以上にわたり世界の大自然で活動し
2年連続でラフティング日本を世界一に導いた浅野重人が、
人間のメンタルと自然界の法則を徹底的に研究した結果生み出しました
シャーマンワークは自然やパワースポットのエネルギーを使い
あなたの潜在能力を引き出すワークです
シャーマンワークの詳細はこちら

<<シャーマンワーク・ビギナー(1日コース)>>
自然の中に入り、水、木、聖地にある場の空気を「感じる」体験をします
この世の中を形成している「エネルギー」という概念が理解できます
★12月7日(日)開催場所:奈良県・天川村<あと数名!>
★12月21日(日)開催場所:神奈川
※上記日程以外でも空きがあれば開催致します。

<<シャーマンワーク・ベーシック(2日コース)>>
圧倒的に大きな自然界のエネルギースポットに触れ、
左脳ではなく右脳に直接刺激を与えて
あなたの中に『目覚め』を起こします!
また、日常生活で自分の状態を整える方法を学びます
★11月22日.23日(土・日)開催場所:伊豆
★12月13日.14日(土・日)開催場所:伊豆
※人数が集まればスケジュール外でも開催します

<<シャーマンワーク・アドバンス【魂・覚醒の旅】>>
浅野重人が過去に訪れた中でも特別な聖地で特別なワークを行います。
過去に体験した事の無い世界を知り、あなたの人生観が変わるでしょう
※過去にビギナーかベーシック編を参加された方のみが対象です

★'15 2/20〜22 魂・覚醒の旅 in 沖縄
火の神様「ヒヌカン」を意識してワークを行います。詳細はこちら
シャーマンワークの詳細はこちら
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ