浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

最近の火山噴火について

僕は昨年からずっと地球の地殻変動や火山、地震のメッセージを見えない存在から受け取っていますが(2010年インドネシア噴火のメッセージ)現在、活発に活動している霧島→桜島の噴火は昨年の奄美大島洪水と関連しています

火山プレートは地下で繋がっているので一つが噴火すると「導火線」のようになって一気にあちこちの火山が連鎖的に噴火する恐れがあります
伊豆諸島、先には富士山も繋がっています

富士山の噴火は歴史ごとに大噴火、中噴火、小噴火がありますがいつ起ってもおかしく無い状況であることはご存知のとおりです
また噴火の規模が大きければ一気に関東は壊滅状態に陥るでしょう
そうなれば今ある経済など簡単に吹き飛びます

しかし、皆さんに知っておいてもらいたい大切なことがあります

天災とは人々の不安想念やネガティブなエネルギーから生まれることが多いのです

それはネガティブやマイナスエネルギーを受け続けている地球という生命体が自分の体を奇麗にする目的で起る「生理的活動」だからです
ですからこの様な時期だからこそ、ポジティブな想念、なって欲しい未来、を想像してその夢に向かって行く努力をして欲しいのです

今回の噴火は地球という生命の浄化目的で起っており「必然」なのですが、大きな規模で壊滅的な状況に陥っていないのは「出来る限り人間の犠牲を減らしたい」という大きな意図が働いているのも事実です

それは同じくして世界中で起っている「大雨、台風、洪水」等が証明しています
噴火という【火の天災】を洪水という【水の天災】を起こしてエネルギーを中和させているのです
火のエネルギーを水のエネルギーで打ち消しているのです

今、人間は試されています
このように大きな大きな意図が働いて人間が【生かされている】と言うことに気づき、出来る限り多くの人々が希望の未来を作る為に具体的な行動を取ってくれることを心から望みます

ありがとうございます
permalink * comments(1) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ