浅 野 重 人

shigetoasanoteva.jpg

エネルギー/メンタル指導者

世界17カ国で40以上の激流をラフティングで下る。
日本人の強みを活かしたメンタル&チームビルディング論で、'10年オランダ、'11年コスタリカのラフティング世界大会で世界2連覇を達成した。
1974年・南アフリカ共和国 生
浅野重人公式WEBheader.jpg

メルマガ

sign.jpg浅野重人メルマガ

著書

【どん底から世界一】
世界最弱ラフティング日本を8年で世界一に導いた心の整え方

著者 浅野重人
価格 1470円(税込)
20110722_2033086.jpg

掲載誌

Newsweek
'世界を極めた日本人'

header.jpg




カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
Link
Admin

スポーツと教育

冬季オリンピックが盛り上がっていますが、きょうはスポーツと教育(精神性)に関しての話をしたいと思います

オリンピックの5輪のマーク《統合》に象徴されるように、スポーツには【結果】だけでなくスポーツマンシップという【精神性】を表現する意味があるのです
スポーツから【精神性】を取り除けばそれは戦争と同じです
その精神性を我々は体育教育を通じて学校で学んできました

今この時代、タイガーウッズ、朝青龍、スノーボードの国母選手と相次いでスポーツ選手の行動が問題となっていますが何故でしょうか?

プロスポーツ選手はとやかく【結果重視】に偏りがちです
結果を出さなければ世間から評価されにくいからです。
しかし、横綱やチャンピオン、日本代表選手といった【先頭に立つ人達】は結果だけでなく、人々に良い影響を与えられる精神性も求められるのです

結果主義に変調している現代こそ、僕はプロ選手に精神性の教育をしていく事が必要だと思っています

しかしそれと同時に観客や視聴者やマスコミの意識改革の教育も必要です
朝青龍や国母選手やタイガーウッズの事を叩く事は簡単で誰にでもできます
しかしそれで誰かの為になっているのでしょうか?
僕にはただ単に妬みのエネルギーを増幅させているだけのように感じます

タイガーウッズにしても朝青龍にしても他に類が無い素晴らしいアスリートです
正直、アスリートとしてのそのパフォーマンスだけでも人類に貢献していると言い切れます!
そのような才能をつぶしてしまう事は損失だとしか言いようがありません

今、世の中に出てきているこれらのテーマが現している事は明白です

もう一度スポーツの持っている二つの本質【結果】と【精神性】のバランスを見直す事
それに対し、選手と視聴者の両方、そしてそれを繋ぐマスコミが学び変わっていかなければいけない時期にきている、という事です
permalink * comments(1) * trackbacks(0) * Edit

このページの先頭へ